主要見出し一覧:

webnote主要見出し一覧: ◇webnote:主要記事一覧表:★→2018年主要記事一覧表、 ◇webnote:態文法:(←動詞語幹を一般形式で表記する法則へ進展あり)  →2018年主要記事一覧表、 2017年主要記事一覧表、 ◇webnote:日本語文法:  ★~書籍広告◆日本語動詞 態文法を再生する(←ネット注文、書店取寄せ注文可能)  →2016年主要記事一覧表、 2015年主要記事一...

» 続きを読む

態文法:態文法を組み上げる7

2018/01/07(日) 4.「態のマトリクス図」とは:  前回、態の「双対環、マトリクス」図、を載せました。「態のマトリクス図」について その構造や考え方を説明します。 →態のすべてを表現するには、「双対環」図や「マトリクス」図のように座標軸が  二軸ある平面を用意しておき、各個の「態」が平面のどの位置にあるのかを示す  という方法が解りやすい。その意味では「マトリクス」図法が汎用的にも使える...

» 続きを読む

2018年主要記事一覧表

2018年主要記事一覧表 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 態文法:態文法を組み上げる7 ------------------------------  2017年主要記事一覧表、

» 続きを読む

態文法:態接辞「ある/あす/え」考

2017/12/24(日)  態文法を調べてきてようやくこの一年で全部の態接辞を見つけ出せた。 〇態接辞一覧: ①-ar-:結果態接辞(文語受動態接辞):[・/r]ar-(ある/らる) ②-as-:強制態接辞(文語使役態接辞):[・/s]as-(あす/さす) ③-e-:可能態接辞(文語已然・自発):[・/r]e-(え/れ) ④-are-:受動態接辞(文語受動態連用形):[・/r]are-(あれ/ら...

» 続きを読む

態文法:態文法を組み上げる6

2017/12/16(土) 3.「態の双対環」とは:  日本語動詞の「態の表現」も動詞派生の方法を用いて、動詞語幹に態接辞を付け 替えて使役・受動などを表現する。 西欧語では他動詞に限り「受け身文型」を作るが、日本語では自動詞でも他動詞 でも受動態を構成するし、その他の態派生にも制限はない。 (制限は、状態動詞(所動性)を態派生させて意味不明となる場合だけ) 〇なぜ自動詞、他動詞ともに受動態が派生...

» 続きを読む

態文法:態文法を組み上げる5

2017/12/10(日) 2.自他交替派生と態派生  動詞を生み出す法則のなかで重要なものは、まず、動作表現の種類を十分に増 やすことだ。動詞を生み出すには、「自他交替派生」と「態派生」という2つの派生 法則がある。 2-1.「自他交替派生」とは:  一つの原動詞から「有対」になる自動詞/他動詞の対を生み出すために、特定の  機能接辞を連結して派生する法則をいう。 〇有対動詞の例:休む→休める(...

» 続きを読む

態文法:「やる」と「やらかす」の差は?

2017/12/03(日)  本屋の立読みでノウハウ新刊本に1冊、目に留り手に取った。  『「売れる営業」がやっていること。「売れない営業」がやらかしていること』 :松橋良紀:大和書房:2017/6/25第一刷、2017/11/25第五刷。 なかなか内容は役立ちそうだ。目次を走り見した程度であるが、売れる/売れな いの対比で構成されているようだ。  たまたま、新書判の棚で『富士そば~(経営者)』の...

» 続きを読む

態文法:態文法を組み上げる4

2017/11/28(火) 1-3.動詞の「複合:修飾語付加」の法則:  前節で示した「ブロック活用表」を寺村本でも採用して寺村自身の活用表を公 表している。ブロックも寺村も活用表の中で「用言の派生と複合」の違いを明確 に説明していないが、当ブログでは派生:[挿入音素]、複合:[+]を付加して区別 する。 ・派生は先行語と接辞が密結合する。(先行語幹[挿入音素]接辞語幹[挿入音素]  接辞、、、)...

» 続きを読む

態文法:態文法を組み上げる3

2017/11/21(火)  前回、動詞派生の一般形式を実例2つにより示した。連結した接辞は、 ①D[・/r]are[a/・]na[・/k]a(r=0[Q])ta.:受動接辞、打消接辞、完了接辞。 ②D[a/・]na[・/k]a(r=0[Q])ta.:打消接辞、完了接辞。 →動詞語幹に接辞(助動詞)が密に連結・派生していくのが動詞活用である。  動詞は正に助動詞の活用に助けられるから、活用している...

» 続きを読む

態文法:態文法を組み上げる2

2017/11/15(水) 1.動詞活用には「派生:接尾辞の付加」と「複合:修飾語付加」の2通りあり  国語辞典の付録ページにある品詞分類表での定義を確認しておくと、 〇単語→自立する→活用がある(用言)→終止形語尾がウ段:動詞/イ音:形容詞  /ダ音:形容動詞(別称:名詞に似るので、形容名詞、名容詞などという)。 〇単語→自立する→活用がない→主語になる(体言)→:名詞。 〇単語→付属する→活用...

» 続きを読む

«態文法:態文法を組み上げる1

最近のトラックバック

無料ブログはココログ