主要見出し一覧:

webnote主要見出し一覧: カテゴリー:webnote:主要記事一覧表: →★★2016年主要記事一覧表★最新→日本語動詞:「態文法」を考える:追思考、 webnote:日本語文法: ★図表→自他対応接辞:態の双対環演習図新、  →日本語動詞:旧・新態文法比較図、日本語動詞:自他交替・態交替図、  →日本語動詞「態の双対環」基本図、「態の双対環」演習台紙、 ★記事→日本語:態動詞生成の方程式、...

» 続きを読む

日本語動詞:「態文法」を考える:追思考

2016/09/19(月)  「態接辞の種類と意味を考える」節の最後にまとめの要約として説明した部分 を抜粋すると、 〇原動詞に対して、態接辞がもたらす動詞性意味を示す。 ・原形態(u):「~をする」 ・可能態(e[r]u):「~をなす、なせる」←「なるようにする」←「na[r→s]u」 ・結果態(ar[ ]u):「~がある・在る・有る」 ・受動態(ar・e[r]u):「~があれる、在れる、有れる...

» 続きを読む

日本語:「態文法」を生活に役立てる

2016/09/07(水)  数日前の出来事でしたが、振込め詐欺の一種に遭遇しました。携帯電話にメール受信があり、 『動画有料サイトの入会料が未払で一年経過している。裁判提訴する。一応、事前の通告をする。 くわしくは×××相談窓口:03・・・・・・に問い合せよ』とある。 私の携帯電話はめったに受信することはないし、ほとんど目覚し時計みたいな使い方なのだ。 不審に思い、珍しく携帯電話でその相談窓口に...

» 続きを読む

日本語:態動詞生成の方程式

2016/07/03(日)  「態の双対環」方式による態文法を書き上げたはずが、日々追記したり、新しい考察が浮んできたりで、なかなか落ち着けません。 HP参照:日本語:態文法を再生する。 〇態生成の方程式=「【動詞語幹+挿入音素】+態接辞」の一覧表をHPから再掲します。  (語幹側に挿入音素を付加するので、態接辞は単一形態になり言い間違いが起きません)  方程式に当てはめる態接辞は「eru/aru...

» 続きを読む

日本語:態文法を再生する

2016/05/22(日)  態文法:「態の双対環」方式の要点を再生まとめすることにして 日本語:態文法を再生する、に書込み始めました。 まだ、1/3ほどです。 28日 1/2くらいです。 6月20日 「あとがき」まで完了です。

» 続きを読む

日本語文法の論理10

2016/05/08(日)  この連載項目も長くなりましたので、最後の締めくくりを試みます。 ★現在の態文法には不都合な謎がいくつも在ります。謎を謎だと認識しないで見過されています。 〇「さ入れ言葉」や「れ足す言葉」、「ら抜き言葉」などが問題視され続けるのも、不都合な謎がそのまま放置されているからでしょう。 〇連載では「態文法の謎」に対して思考実験をしました。(今後、広く追試が行われることを期待し...

» 続きを読む

日本語文法の論理9

2016/05/02(月)  日本語の動詞を考察する道具として、思考実験では「態の双対環」図解を提案しました。 ★考察の核心は、「動詞は受動・自動・他動・使役と直線状に並ぶ」と言う仮説に反して、 「すべての動詞が受動になる日本語の特徴を考慮すると2本線に並ぶと考えるべきだ」とする立場からはじまった。 だから、有対の自他交替動詞の仕組みと受動態の対応関係、無対動詞と態の関係などを切り離さずに動詞全体...

» 続きを読む

日本語文法の論理8

2016/04/27(水)  3年前に、日本語の動詞:日本語文法学問の3盲点、の考察文章を記述したが、現在の心境、考えは変化してきている。考察の整理をかねて新しい視点で書き直す。 【旧要点】日本語の動詞:日本語文法学問の3盲点:要点のみ: ○日本語文法(学問)の三大欠点は:(2013/01月 時点) ①明治以来、外来の概念に引きずられて、日本語では不要な「主語」を使い続けていること。 ②日本語本来...

» 続きを読む

日本語文法の論理7

2016/04/20(水) ★時枝誠記:『国語学原論』1941年:上・下巻の内容に共感しつつ、関連考察を引き続き述べたい。 〇時枝文法は問題提起の着眼が奇抜に見えても、意外なほど論述展開・結論が自然で柔軟な着地点に到達します。  前回の「論理6」で記述した【2】、【3】の実験思考に込めた新しい態動詞生成方法をご理解いただけただろうか。 〇態の助動詞を「詞」あつかいすると初めて聞かれた方にとっては、...

» 続きを読む

日本語文法の論理6

2016/04/14(木) ★時枝誠記:『国語学原論』1941年:上・下巻を通して読後感想を述べる。 【1】言語の存在条件: :主体(話し手)とその主観判断が素材(客観的語彙、概念)と場面(話の場、聴き手、話の内容・前後関係)に志向作用すること。 【1:思考実験】原意は優れている。が、俗人の当方としては、主体-素材-場面(三角図形を想定)の一般化を進めて考察実験したい。 ★「素材-場面」を垂直辺、...

» 続きを読む

«日本語文法の論理5

最近のトラックバック

無料ブログはココログ