主要見出し一覧:

webnote主要見出し一覧: ◇webnote:主要記事一覧表: ★★◇2017年主要記事一覧表、 (ネット注文、書店取寄せ注文可能→)~書籍広告◆日本語動詞 態文法を再生する  →2016年主要記事一覧表、2015年主要記事一覧表、2014年主要記事一覧表、  →2013年主要記事一覧表、2012年主要記事一覧表 ◇webnote:日本語文法: ★図表:  →態接辞の由来図、態接辞の深層語感、...

» 続きを読む

態文法:可能態動詞の成立条件2

2017/02/16(木)  前回、後段で「可能態動詞の成立条件」を記述しました。 続編として考察を続けます。 ★可能態動詞が成立する条件:(前回の要約、追記) 〇動詞活用の「命令形:D[r]e」が有効な意味を持つならば、それに応答する形態  として、可能態動詞:D[r]e[r]u、が成立する。 ・意味が有効な命令に対して「可能/不可能」を返答するのに可能態動詞が必要に  なるはずだからです。 例...

» 続きを読む

態文法:可能態動詞の成立条件

2017/02/14(火)  前回、鴨長明:『方丈記』(平安後期、鎌倉初期)の一節を引いて、考察した。 >およそ物の心を知れりしよりこのかた、四十あまりの春秋をおくれる間に、世  のふしぎを見ることややたびたびになりぬ。<の連体形:「おくれる」が可能態だ。 ・「おくる」間に←なら普通の動詞連体形だが、「おくれる」間に、は、下一段活用  に替わっており、可能の意味では通じない。 〇「おくれる」:已然...

» 続きを読む

態文法:態の鏡像図に写ったものは?

2017/02/04(土)  「態の双対環」を「態の双対環」鏡像図で図示すると、能動系、強制系、使役系の 3つの「双対環」に配置される態動詞の機能の配列が鮮明に見えてくる。 3つの「双対環」が、やはり相似的な意味合いで態機能の配列関係を主張している ように思われる。 〇「鏡像図」を文字列表記すると、(能動、強制、使役の順で並べる) ◇能動態:D[r]u------------D[r]e[r]u:可...

» 続きを読む

態文法:動詞二段活用が可能態も派生した

2017/01/28(土)  前回の終わり部分に記載した動詞活用の一般式を推敲すると、二段活用の効用 が身に染みて分かってきました。 〇動詞語幹(子音/母音):D、挿入音素:[][r][s]、機能接辞:ar/as/er、 ・文語体の受動態:ar付き動詞の二段活用の一般式。 (古語のつもりで活用:未然/連用/終止/連体/已然/命令)  ・読まる、見らる:D[r]ar[](e/e/u/uru/ure/...

» 続きを読む

態文法:文語体の態は下二段活用だった

2017/01/26(木)  前回の終わり部分で提起した項目の周辺事情を考察する。 〇態の「原形態構文と所動態構文の関係」を起点にして文章を区分する考え方を  整理してみたい。簡単な側面で構文を区分すると、 ①原形態動詞とは、能動系「双対環」の原形態や、強制系、使役系「双対環」の原形  態動詞を総称する概念ですが、原形態動詞を述語に用いて描写する構文を「原  形態構文」と呼び、「事象叙述文」に相当...

» 続きを読む

態文法:態でアスペクトも構文も感じとる

2017/01/13(金) 〇前回、「態の双対環」を一行文字列表記で表して、 ・原形態-可能態-結果態-受動態、の形式を記述しました。 この4つの態動詞を組み合せたお蔭で、4つの態が醸し出す「絶妙なアスペクト」 が感じられるとの説明もしました。 ・前回は、動作主体が行う動作の局面を4つの態動詞を使って描写しましたが、  今回は、動作主体でない客体を主語に挙げて考えて見ましよう。 (折角の態動詞を考...

» 続きを読む

態文法:「態の双対環」でアスペクトも感じとる

2017/01/09(月) 〇「態の双対環」は、 ・原形態と受動態の対向関係の軸と、 ・可能態と結果態の対向関係の軸を 直交させた「双対環」を想定したものです。 〇「双対環」を文字列表記するときには、簡略のために一行で、 ・原形態-可能態-結果態-受動態、の形式で記述しています。 〇「態の双対環」では、4つの態を残さず正確に組み合せたお蔭で、4つの態動詞が  醸し出す「絶妙なアスペクト」が感じられ...

» 続きを読む

態文法:「何段何行の動詞活用」の功罪

2017/01/08(日)  現在の学校文法、国語辞典では、動詞活用(派生)を「ひらがな解析」した結果の 「五段何行/上・下一段何行」活用などと表現する。 これは歴史的には「ひらがなの制約のなかで、巧みに工夫した一覧表現」である が、「ひらがな解析」では子音と母音の間を分断して表記することができないか ら、正確な語幹を明示できない。 ・動詞語幹も態接辞語幹も両方共に不正確な「妥協的な表現」となり、...

» 続きを読む

2017年主要記事一覧表

2017年主要記事一覧表 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 態文法:可能態動詞の成立条件2、 態文法:可能態動詞の成立条件、態文法:態の鏡像図に写ったものは? 1月 態文法:動詞二段活用が可能態も派生した、態文法:文語体の態は下二段活用だった、 態文法:態でアスペクトも構文も感じとる、態文法:「態の双対環」でアスペクトも感じ、 態文法:「何段何行の動詞活用」の...

» 続きを読む

«態文法:態文法カテゴリーを立てる

最近のトラックバック

無料ブログはココログ