主要見出し一覧:

webnote主要見出し一覧: ◇webnote:主要記事一覧表: ★★◇2017年主要記事一覧表、 (ネット注文、書店取寄せ注文可能→)~書籍広告◆日本語動詞 態文法を再生する  →2016年主要記事一覧表、2015年主要記事一覧表、2014年主要記事一覧表、  →2013年主要記事一覧表、2012年主要記事一覧表 ◇webnote:日本語文法: ★図表:  →態接辞の由来図、態接辞の深層語感、...

» 続きを読む

態文法:「ク語法」を現代的に解釈する

2017/05/20(土)  さて、「態の双対環」文法で考察した「ク語法」の意味・解釈の方法を詳細に説明 しよう。 ->まず前回の肝心部分を再掲する、 ★機能接辞と挿入音素との同源的完全一致の姿を発見できたのです。 ・結果態接辞:-ar-:  ・・・・  挿入音素:[r]:自律動作(自他動詞ともに適用) ・強制態接辞:-as-:  ・・・・  挿入音素:[s]:律他動作(強制、使役に適用) ・古語...

» 続きを読む

態文法:発見!挿入音素と機能接辞の同源性

2017/05/17(水)  もう一つ大きな発見ができました。 最近、態文法:形状動詞の派生と挿入音素、で記述したように、 挿入音素の考え方を整理しています。 〇そこで、発見しました。簡略的に記載する。 ->記事引用:態文法:形状動詞の派生と挿入音素、(下地を記述)  「態の双対環」文法で、子音の[挿入音素]に採用したものは、   [r]:自律動作を意味する動作接辞に前置させる。(自他動詞ともに適...

» 続きを読む

態文法:可能態の謎が解けた!?

2017/05/04(木)  「態の双対環」文法と名付けて思考実験を続けてきました。少し整理します。 2年前に今泉喜一『日本語構造伝達文法』の自主研究会に飛入り参加して、実験状 況を披露する機会をいただいた。 態文法に限定した仮説的な思考結果を数回にわたり発表できましたが、研究会員 に対して新文法の優位性を論証するだけの力量がありませんでした。 先生からは「仮説思考を全体まで進めたら、逆に全体から...

» 続きを読む

SD手帳:リング綴じ具で薄型手帳へ工作

2017年4月26日(水)  LIHIT LABのツイストリング綴じ具を流用工作して、SDリフィルを綴 じる薄型の手帳に作り直してみました。 ・まず、穴ピッチがSDの8穴ピッチと違っていますから、専用の穴明パンチ  が必要です。 〇1/3インチピッチの卓上10穴パンチを購入する。 〇(B5リングノートから取り外し)ツイストリング綴じ具を10穴分の長さに  切断する。 〇綴じ具の芯鋼線も10穴長にペ...

» 続きを読む

態文法:[挿入音素]が語幹・接辞の連結役

2017/04/15(土) 1.派生文法と「態の双対環」文法の見比べ  前4回にわたり派生文法(清瀬本)の考え方と「態の双対環」文法(当ブログ)とを 見比べてきました。(挿入音素の役目を述べて全体の補足とします) 〇派生文法:動詞語幹+「連結子音/連結母音」+派生接尾辞、を原則におく。  ・子音語幹+(連結母音)・子音語頭派生接辞、(母音語幹+子音語頭派生接辞)  ・母音語幹+(連結子音)・母音語...

» 続きを読む

態文法:動詞形(未然/已然)と挿入音素

2017/04/12(水) 1.四動詞形の概念:(清瀬本:派生文法)  派生文法では膠着語である日本語は動詞が活用するのではなく、接尾辞が連結 して派生するのだと見做す。 ->自立語には「動詞/非動詞」の別あり、従属語には「接尾辞/助辞」の別あり。 ->動詞には「動作動詞/形状動詞」の別があり、四動詞形「終止形・連体形・連用   形・命令形」が構文上の形態種別と見做す。   (学校文法の活用語尾概...

» 続きを読む

態文法:形状動詞の派生と挿入音素

2017/04/06(木) 1.形容詞と形状動詞:(清瀬本:派生文法)  清瀬本では、日本語の形容詞を形状の叙述語・用言として使うので、形状動詞と 呼んでいる。 ->文語では、(i)ku、(s)i、(i)ki、(i)kereなどの連結母音、連結子音があった。   :高く/高し/高き/高けれ、(ク活用)   :楽しく/楽し/楽しき/楽しけれ(シク活用) ->口語では、語幹がすべて母音語尾なので連結音...

» 続きを読む

態文法:動詞派生と挿入音素の働き

2017/04/01(土) 1.動詞派生と「連結子音/連結母音」  前回に述べたように、清瀬義三郎則府:『日本語文法体系新論―派生文法の原理 と動詞体系の歴史』:ひつじ書房 2013年12月刊行 で提起された派生文法は、 ->動詞派生の法則:機能接辞が母音語頭の場合   =動詞子音語幹+(母音語頭)機能接辞、   =動詞母音語幹+「連結子音」・(母音語頭)機能接辞、 ->動詞派生の法則:機能接辞が...

» 続きを読む

態文法:派生文法と「態の双対環」文法

2017/03/18(土) 1.派生文法の進歩  清瀬義三郎則府:『日本語文法体系新論―派生文法の原理と動詞体系の歴史』: ひつじ書房 2013年12月刊行 の後半を通読した。 同著者の前書:『日本語文法新論-派生文法序説』:桜楓社:1989年、を昨年11月 ころに通読していますので、今回は『第3編 動詞体系発達史』部分を通読したと ころです。 ---上代古語の特殊仮名遣では甲乙二類の母音使い分け...

» 続きを読む

«態文法:挿入音素[e]から可能態が成立

最近のトラックバック

無料ブログはココログ