2021/09/30

主要見出し一覧:

webnote主要見出し一覧: ◇webnote:主要記事一覧表: →2021年主要記事一覧表、   ◇webnote:態文法:(←動詞語幹を一般形式で表記する法則へ進展あり)  →2020年主要記事一覧表、  →2019年主要記事一覧表、2018年主要記事一覧表、 ◇webnote:日本語文法:   ~書籍広告◆日本語動詞 態文法を再生する(←ネット注文、書店...

» 続きを読む

2021/05/09

述語律を記号で表す-3

述語律を記号で表す-3 2021年5月9日(日)  名詞文は「名詞+判定詞」と解析しました。その名詞部分は「構文 主部に属する補語成分である」と分析したので、「述語律」の仕上げ として対極にある「主部律(主語律より広義)記号」を規定しよう。 ・西欧語の「主語律」は日本語には不向きな法則であり、日本語には  もっと広い範囲の「主部律」がよいと思う。   <「主部律」の記号化> ・「主部律」=「主題「...

» 続きを読む

2021/02/14

述語律を記号で表す-2

述語律を記号で表す-22021年2月14日(日) 名詞文述語のはたらきを「3種類の述語律」で明らかにしましたが、名詞述語の構造、構成については明確な文法が利いていない実態が見えています。また、判定詞「です、だ」などは助動詞として独立的に使用する傾向もあります。これにも文法が明確でありません。<判定詞の性質> 新手法でも意図的に3つの述語律に共通して多種判定詞を付属させています。共通した文法則があ...

» 続きを読む

2021/02/06

述語律を記号で表す-1

述語律を記号で表す-1 2021年2月6日(土)  動詞述語のはたらきを態動詞のはたらきで説明してきました。 態の接辞:-ar-, -as-, -e-, を派生させて、「態の三系四態」ができます。 態動詞の数=3 4=12通りの述語律が働きます。 「態」:「述語律」:「律記号」を一覧表示すると、 1)能動系・基本四態 ①能動態:D[-/r]u:「自律/受律」動作:「→」 ②可能態...

» 続きを読む

2021/01/17

態派生のしくみ−3

態派生のしくみ−32021年1月17日(日) 態派生のしくみを分析してきて、3回目になりました。態の接辞:-ar-, -as-, -e-, のうち、-e- 接辞はなかなか理解しにくい、説明しにくい特有の役目を持っているようです。 まず、-e- 接辞の意味を整理します。・接辞 -e- は動詞活用形の一つ、已然・実現形「動作を完遂する、 尽力して成し遂げる、自然条件との折り合いをつけて成就する」 とい...

» 続きを読む

2021/01/12

態派生のしくみ−2

態派生のしくみ−22021年1月12日(火) 態動詞の派生に関わる接辞:-ar-, -as-, -e-, のうち、接辞 -e- の機能が国語文法によっては明快に解釈できないと感じる。1)受動態に -ar-, 強制態に -as-, が使われることは明白だが、 実際には受動態に -ar[-]e-, -are-, (強制)使役態に -as[-]e-, -ase-, の ように接辞 -e- は両方(-ar...

» 続きを読む

2021/01/08

態派生のしくみ−1

態派生のしくみ−12021年1月8日(金) 本ブログの新述語文法では、述語が果たす「述語律」について解析を続けています。特に態派生は「態の三系四態」といって3 4=12通りの態動詞がそれぞれに「述語律」を発揮します。 態の接辞は、-ar-, -as-, -e-, の3つがあり、受動態、強制態、可能態の機能を発揮する。なかでも接辞 -e- は不思議な機能であり、国語学の解釈では「歯...

» 続きを読む

2021/01/07

2021年主要記事一覧表

2021年主要記事一覧表 カテゴリー:(blog)webnote  態文法:webnoye、SD手帳:webnote、BTRON:webnote 6月、 5月、  述語律を記号で表す-3、 4月、 3月 2月  述語律を記号で表す-2、述語律を記号で表す-1、 1月  態派生のしくみ−3、態派生のしくみ−2、態派生のしくみ−1、 ------------------------------  ...

» 続きを読む

2020/11/06

「述語律」が文法の謎を解く -5

「述語律」が文法の謎を解く -52020年11月6日(金) 「述語律」が構文の謎を解くことにも威力を発揮します。4.付属語コンビの述語文節が文末に膠着する 単一構文の形式は通常、文末の述語要素の品詞から動詞文、形容詞文、名詞・名容詞文と識別される。また単一構文が途中で連体修飾句節の別構文を組み込まれることもあり、構文構造が複雑になりえます。基本は単一構文での「述語律」を見極めることが出発点です。今...

» 続きを読む

2020/11/03

「述語律」が文法の謎を解く -4

「述語律」が文法の謎を解く -4 2020年11月3日(火) 3.「述語律」が日本語の歴史をつなぐ  述語律を思い描きはじめてから先史時代の助動詞、消滅した助動詞 の顛末のこと、[挿入音素]の由来のことなどを考察してきました。 ・[挿入音素]の由来→古語ユ語法、ク語法との関わりを「述語律」の  視点から解明しました。  [挿入音素]=[a/-],[i/-],[-/r],[-/s],[-/y],[-...

» 続きを読む

«「述語律」が文法の謎を解く -3

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ