2020/01/31

主要見出し一覧:

webnote主要見出し一覧: ◇webnote:主要記事一覧表: →2020年主要記事一覧表、 ◇webnote:態文法:(←動詞語幹を一般形式で表記する法則へ進展あり)  →2019年主要記事一覧表、2018年主要記事一覧表、 ◇webnote:日本語文法:   ~書籍広告◆日本語動詞 態文法を再生する(←ネット注文、書店取寄せ注文可能)  → 2017年主...

» 続きを読む

2020/01/17

述語形式と[挿入音素]9

述語形式と[挿入音素]92020/01/17(金) 日本語の述語派生の基本的な法則は古語時代から現代にわたり断絶なく連綿とつながりを持って変遷してきた。動詞の四段活用の構成は現代でも基本枠組みとして通用するし、二段活用が一段活用へ大量変化しても破綻なく収れんした。その変遷収れんの根底には動詞派生の基本法則が有効に働いたからである。 仮説5:仮説1〜4を総合して変遷を読み解く①動詞派生の基本法則は古...

» 続きを読む

2020/01/16

2020年主要記事一覧表

2020年主要記事一覧表 カテゴリー:(blog)webnote  態文法:webnote、SD手帳:webnote、BTRON:webnote 12月、11月、10月、9月、8月、7月 6月、5月、4月、 3月 2月 1月  述語形式と[挿入音素]9、 ------------------------------  2019年主要記事一覧表 ...

» 続きを読む

2019/12/13

述語形式と[挿入音素]8

述語形式と[挿入音素]82019/12/13(金) 述語用語として未然形の呼び方を今後、打消形または否定形とするほうがよいと提言したい。(仮説1と3を補足的に説明する)古語辞典から未然形につながる助動詞・接辞を書き抜くと次のようになる。(表記を新文法による[挿入音素]付きで示した)〇古語時代から未然形接続すると誤解される接辞グループ:・態接辞:-ar-,-as-,-as[]e-,-ar[]e-,-...

» 続きを読む

2019/11/24

述語形式と[挿入音素]7

述語形式と[挿入音素]7 2019/11/24(日)  新文法では、形容詞を用言と認めて動詞活用と同様な活用形式 を適用する。(第1回に提起した。再掲すると、)  形容詞語幹:Kで代表すると、Kはすべて母音末語幹なので、 [挿入音素]には、[-/k]→[k]を使って表記できます。 〇形容詞基本活用形式=K[k]接辞語幹[挿入音素]接辞語幹・・・、  で表せる。  古語時代の活用と現代の活用形式を比...

» 続きを読む

2019/11/21

述語形式と[挿入音素]6

述語形式と[挿入音素]6 2019/11/21(木)  国語文法で動詞活用語尾を「かな文字」解釈していて、一番の 食い散らかし被害を起こすのが、態の接辞に対してである。 ・国語文法の態解釈は、受動接辞では:れる/られるの異形態で  解釈し、使役態接辞では:せる/させる、の異形態で解釈する。  1つの態が2つの形態を持つ:異形態の理由説明もない。   〇前回に新文法の仮説として、 ・仮説1:[挿入音...

» 続きを読む

2019/11/19

述語形式と[挿入音素]5

述語形式と[挿入音素]5 2019/11/19(火)  国語文法では動詞活用形の活用語尾音、いわゆる「あ、お、 い、う、え」がどんな意味を持つのか、説明していない。    新文法が[挿入音素]を提案する以上、意味を説明したい。 〇[挿入音素]の連結母音、連結子音とは何か。 仮説1:[挿入音素]の連結母音は[a/-]、[i/-]、の2つ。  連結子音は[-/r]、[-/s]、[-/y]、[-/k]、...

» 続きを読む

2019/11/16

述語形式と[挿入音素]4

述語形式と[挿入音素]4 2019/11/16(土)  動詞活用形式=動詞語幹[挿入音素]接辞語幹[挿入音素]接辞語幹、 ですから、第一段の接辞選択=動詞語幹[挿入音素]接辞語幹が動作 の方向性を決める。同時に6種類の[挿入音素]選択も方向性に 関与する。   〇動詞基本活用形式:動詞語幹をDで代表、接辞一段まで表記。 (五段活用/一段活用を1行にまとめて一般形式表記する) ①未然:打消し:D[a...

» 続きを読む

2019/11/10

述語形式と[挿入音素]3

述語形式と[挿入音素]3 2019/11/10(日)  [挿入音素]の性質について独自の仮説を記述しましょう。    まず、おさらいのため、国語文法での動詞活用の捉え方を分析 しておこう。 〇動詞活用の基本形式=動詞語幹+活用語尾+助動詞接辞、  の構造概念を用いて示そうとします。 ・この概念は、残念ながら「絵にも書けない餅」であり、「かな  文字」解析では、動詞語幹と活用語尾を+記号で区切れませ...

» 続きを読む

2019/10/29

述語形式と[挿入音素]2

述語形式と[挿入音素]22019/10/29(火) 付属語で活用のある品詞:接辞・助動詞は、付属の仕方で2通りの述語形式がある。(用言語幹に連結か、助辞に附属連結するかの区別) ③接辞・助動詞の述語形式1→語幹に附属する=[挿入音素]仲介。 すでに①動詞の、②形容詞の、述語形式で記述したように、用言も 語幹のままでは述語になれない。例:接辞の述語形式(=述語文)を用言に密結合させる。・動詞述語を生...

» 続きを読む

«述語形式と[挿入音素]1

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ