« frazfarado 作文実習 | トップページ | frazfarado 作文実習 »

論理回路 Logika Cirkvito

(Esperante)
LOGIKA CIRKVITO:"unu-logiko" kaj "nulo-logiko"
 ambau^ pare konsistigas tuton de logiko.
(Japane)
論理回路の正論理・負論理:
 正論理・負論理は表・裏一体の意

Photo

Xorfinaldesign

(1E)
 La sistemo de MIL-simbolaro certe rekomendas por ke c^iu logikofaranto desegnu simbolon selektante el "unu-logiko" au^ "nulo-logiko" lau^ sia kondic^o, c^u bezonata "aktive unu" au^ "aktive nulo".
(1J)
 MIL記号で言う「アクティブHigh」・「アクティブLow」という考え方は、設計者が狙う論理条件(正か負か)を明確に図示せよと提起するもの。

(2E)
 Vidu la Tabelojn de "1/0" logikaj cirkvitoj, statoj de ELMETO nepre alternas en "1-logikon" kaj en "0-logikon".
 (c^iumomente g^i alternas inter statoj "1" kaj "0", do aperas alterne statoj de "1-logika" simbolo kaj "0-logika" simbolo)
(2J)
 論理回路の真理値表で分るとおり、正論理で表現する状態と負論理で表現する状態が回路出力に必ず交互に発生します。(時々刻々、1と0の2値間を変転するから、正論理図と負論理図の状態が交互に出現します)

(3E)
 Por montri intencon de logika agado bezonata, do desegnu simbolon trafe tau^gan por sia celokondic^o, selektante c^u "1-logikan" au^ "0-logikan".
 Tiel rekomendas MIL-sistemo.
(3J)
 「論理設計の狙いを明示する」ため、目的条件に合致する正・負どちらかの論理図を意識して選んで描画せよということ。

(4E)
 C^iu ajn cirkvito en si havas "1-logikon" kaj "0-logikon" same kiel ambau^flankojn de monero.
 Ili estas AND-flanko kaj OR-flanko, farig^as tuto kunig^inte unu kun alia.
(4J)
 各回路の正論理・負論理はコインの表・裏の関係にあり、AND・ORの相補双対関係にあります。

(5E)
 C^i-foje mi proponas "0-logikan" simbolon nomatan "Inkluziva AND", kiu necesas por fari paron kun "Ekskluziva OR". (eble unu vido al la simbolo de Inkluziva NAND ekprenos tujan komprenon) 
(5J)
 今回特に、排他的XORの双対関係にある「包括的AND」と名付ける負論理図記号を提案します。(Inclusive NAND:記号一見でご理解いただけると思うのですが)

Xor1

Xor2
(6E)
 Memori XOR・IAND-paron estas c^iam tre utila, c^ar la mondo de MIL-sistemo nepre postulas selekti intencitan unu el "1/0"paro de la simboloj.
(6J)
 MIL記号の発想を延長すると、必ず正負双対の論理図が必要となりますから、XOR・IANDの双対関係を憶えておくと便利です。

(注★追記)
 正確に表現すれば、XOR論理図とIAND論理図は、当初から同時に一揃いセットで提案されるべきものだったのです。
未だにIAND論理図は広く認知されていないようで、残念です。
なぜ、一揃いセットでなければならないかを説いたものが、MIL記号のルールだったはずですがね。

(7E)
 La simbolo de Inkluziva AND facile komprenig^as kiel "KOINCIDO-Trovilo".
(7J)
 包括的AND図は「一致検出回路図」としても理解しやすい。

(8E)
 Origino de la simbolo "Inkluziva AND":
 De mi elpensita en 1975,6a, kaj skribis, sendis originalon al NIKKEI ELECTRONICS. Fine aperis sama enhavo sur pag^oj de skribaj^o de legantoj, tn "Mia Desegno". 
(8J)
 包括的AND論理記号の出典:
投稿者自身が1975、6年頃に発案し、日経エレクトロニクスに投稿した結果、投稿紙面?「私の設計」に記載されたことがあります。
○また、個人ホームページ内に記載があります。[参照URL]
○双対の論理図として啓発できたら幸いです。
[参照URL]
くもの巣ノート 内の下記ページ
存在:MIL記号の威力

« frazfarado 作文実習 | トップページ | frazfarado 作文実習 »

Eseo」カテゴリの記事

Esperanto」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102259/51395579

この記事へのトラックバック一覧です: 論理回路 Logika Cirkvito:

« frazfarado 作文実習 | トップページ | frazfarado 作文実習 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ