« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

人・組織を活かす:万有資源が活きる

2012/03/16(金)
 わたしの哲学練習帖4:12/03/15保存版:短信箋
 一般論で言えば、ある事業、活動を有意義に進行させるためには、それを構成する組織、人が有効に活動すればよい。

具体例として我がマンション型団地での大規模修繕事業を振返り考察する。
○組織としては
①管理組合(理事会・住民)
②修繕委員会(臨時内部組織)
③外部建築設計社(仕様設計/施工監理)
④施工業者(元請/下請)

○人が活動する場(会議)は
⑤管理組合総会(臨時・通常総会)
⑥(大規模)修繕会議(②+③):原則1回/月
⑦総合定例打合(②+③+④):1回/3週(工事期間中)

 それぞれの会議は午前中の2時間程度であり、議題の分量は多いから細部が決らないうちに標題だけが独り歩きする。
 自己組織だけの議題ならば、暗黙のうちに理解し合える部分もあるが、外部組織との意志疎通は細部の確認が不可欠だ。
○意志疎通の成果は③、④が提出する「設計図面」「工事図面」に現れるものだ。 これを適確に判定してこそ進捗が円滑にいくと言える。
○つまり③、④が提出する「設計図:下請作成」がどれだけ立派に見えても、本来目的に適合するかどうかを「施工後を想起し」て、②が最優先で判定しなければならない。

○そのため修繕委員としては、
・「住いの現場」を「調べて発言し」、
・「設計図面」を「調べて発言し」、
・「見積明細書」を「調べて発言し」、
・「工事図面」を「調べて発言し」、
・「施工結果」を「調べて発言し」て
・「設計図変更」を「作成して提出すべきと要求し」、
・「工事修正」を「指摘して改善を要求し」ていく責務があると思っている。

○「調べて発言する」を実施してまさに体験できたことは、
・「現場状態の見立て」を間違え、勘違いして、わたしは「ごめん!」を表明したこと。
・③、④は間違えや作図無視しても「ごめん」を言わないこと、もしくは「感じない」こと、もしくは「経費上乗せを言う」こと。
・②、③、④は「調べないで発言」することがあり、それを次回に「調べて発言する」ので「蒸し返しが多い」と思われ、嫌われること。
・施工業者選定ヒアリング前に分厚い「仕様設計図集1、2」、「見積明細書各社分」を通読して調べたのは、③以外にはわたしだけだったこと。
・つよい味方はいなかったが、それでも「理解して支持してくれる人」もいたのだぁ。
・④の現場所長が常駐せず、現場正副責任者をおくという変則形で、④内部での意志疎通も悪く、しかたなく現場事務所へ直接出向いて「不良点を指摘する」ことが数度あった。
・④の現場責任者のなかに「意気に感じて動く人」が一人いたのが救いでした。(1件改善があった)

 たかが団地の大規模修繕工事でしたが、修繕積立金:億の一桁上限を超える総支出額ですから、おろそかにはできません。

万有資源=人・物・金・組織(再編集)

2012/03/01(木):再構成・推敲直し
2011/10/09(日)~:初出→くもの巣日誌11(視点を定める)
1)万有資源=人・物・金・組織:
 経済成長期によく耳にした言葉:企業の経営資源として大切なもの、それは「ひと、もの、かね」だと。
だが今となっては、この言葉は企業の内向き姿勢を強めるだけで、対外姿勢を高める理念となり得ない。

 経営資源に「組織」を追加すべきではないか? 経営資源として自己の「組織」や対外の「関係組織」を正確に視野に入れて対処するべきではないか?
内向きの経営資源しか考えていない企業が厳しいコンプライアンスを確立できるはずがない。

 つまり、各企業・各組織体が「自己組織」や「関係組織」を考慮に入れたうえで、生きた組織の経営資源を有意義に活用することを考えるならば、それぞれの企業が現実社会に正しく向き合う相互関係を築いていける。
せまい範囲の「経営資源」という古い思想を捨て去り、あらたに、連係する組織間の「共有資源」、または社会の連鎖を想起させる「万有資源」という合理的な考え方を定着させたいものです。

2)組織=自己組織+対外組織(広義の社会):
 万有資源という考え方の肝要な点は、「組織」を考慮に入れることです。
私自身は、組織に縛られたくない気質の人間ですから、率先して組織を持ち上げたり、組織エゴを振り回したりするのを好みません。
しかし、人間社会の資源として「組織」をつくり、「組織」として正当な工夫をして活動することは必要悪の部類にいれて許容すべきことだと思っています。
逆に、「組織」に属していながら正当な工夫努力をしていないならば、「万有資源・人」としての「資源」責任を果していないと思います。
「組織」に属していながら、「組織:広義の社会」を正当に考察した行動が伴わなければ無用の長物でしょう。

3)無用の長物:
 昨年は東日本大震災や福島第一原発事故が発災して色々と考えさせられた。→くもの巣日誌11
特に原発事故対応に関わる「関係組織総体」の思考停止状況には不満だらけです。
政府、行政、東電、原子力安全委員会、保安院などの「組織:広義の社会」が正当に考察した対処行動を全く実行できなかった。
歴史のなかで安全神話で塗り固める工夫に知恵を働かせてきたのが明らかになった。
今後の原子力発電には廃炉に向かう長い道のりを見守ればよいが、「無用の長物:あの組織体」を改革する妙案はあるのだろうか?

4)万有資源を活かすこと!
 先月は古本で「図解」関連の本を5、6冊斜め読みしました。
その中に1冊、まさに共感を呼ぶ独創的なものがありました。
○「仕事力を高める方法は「図」がすべて教えてくれる!」:久恒啓一:PHP研究所:2003/9/8初版。

 「はじめに」を読んだだけで、著者の考え:「仕事力を高める方法」が、万有資源の考えに共通していると思った。
○講演テーマ「自分の仕事を図解する」を体験させるとき、「組織の関連性」を徐々に描くようになり、考えが広がっていく。
○『一人一人の仕事の集まりが部門の仕事となり、部門の仕事の集大成が組織全体の仕事になります。図を使うことによって一人一人の仕事の質が上れば、企業も行政もかわってくるでしょう』とある。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ