« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

frazfarado 作文実習

(:Demanda frazo japana)
 みなさんのご支援でこの計画は実現しました。
 Minasan no gosien de kono keikaku wa zitugen simasita.
(:mia respondo japaneska)
 Vi c^iuj-de la subtenadoj-pro tiu c^i projekto realig^is.
 
(:mia respondo esperanteska)
 Tiu c^i projekto estas realigita pro c^iuj viaj subtenadoj.
Ligo:
 週刊やさしい作文.

再読「日本語の構造」:中島文雄

2012/07/27(金)
 『日本語の構造-英語との対比-』:中島文雄:

(1)助詞の種類
中島本での「助詞の分類」は
1.連体助詞:「の/と」など。体言と体言とを関係づける。
2.格助詞:「が/に/を」など。体言に添って用言に対する関係を示す。
3.副助詞:「は/も/や/だけ」など。体言と用言との結びつきについて、
  その意味に対する話し手の感情や心的態度を示す。
4.接続助詞:「(し)て/(する)が/と/なら(ば)/けれど(も)」など。
  述語(句)と述語(句)との関係を示す。
5.終助詞、間投助詞:「か/ね/よ」など。発話の内容についての話し手の感情や
  聞手への訴えの気持を表す。

(2)「がは/をは/見えない助詞」のこと
 中島本でも「は」と「が」の関係についてていねいな説明がある。
なかでも、格助詞と副助詞の組み合せで言及しているのは、
○「がは→は」、「をは/をば→は」となることが多いとのこと。
○また会話では、「君、何 買ったんだ?」というように、格助詞が省略されることを
分析するうえで「見えない助詞」と表現している。

(3)「Jumpシステム」教授法との異同は
『目から鱗の日本語文法~新しい日本語教授法JUMPsystemによる~』
:鈴木明、櫻田淳一郎:文進印刷株式会社:2010年5月13日発行
に述べられる「助詞」は、
○『Particle(助詞)と日本語の文構造』の章にあり、
○助詞を正しく、かつ論理的に理解するための工夫が込められてある。
○助詞を4種類に分類。
(中島本の助詞分類は5種類。『目から鱗』本は、中島分類の1と4を同類にしたような区分か)
○追加で、見えない助詞「φ」:「明日(φ)必ず来てくれ」など
「見えない助詞」を付けて表現する名詞類の意味・構造も説明している。
○(名詞)に(助詞)をくっつけることで(文節)ができる:文構造の包括的な法則が説明される。

 さらに重要な法則:
(主助詞:「が/を/に/へ/で/と」)に(副助詞:「は/も/だけ/しか」)を
組み合せる場合の合体法則」を見通しよく説明する部分は、圧巻です。

○(主助詞)は(副助詞)と結合する際の振舞いに差があり、3種類に分類できる。
○1類:(削除):「がは→は/がだけ→だけ」、「をは→は/をしか→しか」
○2類:(削除/保持):「には→は、には」「にも→も、にも」
○3類:(保持):「では→では」「とも→とも」「(φ)も→(φ)も」
 文節を構成する際に重要な(主助詞:格助詞)の「が」や「を」(:1類の主助詞)に対して、(副助詞)をくっつけるときには、「がは」、「がも」、「をは」、「をも」でなく、どちらも「は」、「も」だけでよい。

 Jumpシステムは、外国人向けの「最少ルールの日本語文法教授法」を目指している。だから論理的なルール化を編み出して説明するわけだ。
中島本が日本語を解析的に文法説明するところとの違いがある。


2012/07/22(日)
 今回も
『目から鱗の日本語文法~新しい日本語教授法JUMPsystemによる~』:鈴木明、櫻田淳一郎:文進印刷株式会社:2010年5月13日発行
に関わる感想を書き留めます。

(1)日本語の曖昧性
 たまたま、上記の本の直前に読んだ本が
『日本語の構造-英語との対比-』:中島文雄:岩波新書:1987年
でした。
日本人英語学者が英語との対比で著作した文法書ですから、内容の随所に「対比すれば日本語はあいまいな表現だ」という指摘が出てきます。

○本の装丁帯の表側には、
 「犬が嫌いな猫」-ドチラがドチラを嫌っている?
日本語のあいまいさ、面白さ
と言う宣伝文句が載っている。
本文の項節「修飾語句+名詞」のなかで、以下の説明がある。
○日本語では、活用語の連体形が終止形を同化してしまったので、文は活用語の終止・連体形で終っている。すなわち述語句はそのまま名詞の修飾語になれる性質をもつ。日本語に関係代名詞が不要なわけである。
○「猫の犬が嫌いなコト」文が基礎にあり、「犬がきらいな猫/猫のきらいな犬」ができるが、どちらがどちらを嫌っているのかはっきりしない。
○日本語の曖昧性に言及してさらにすすむと、以前のブログ項目:
行為反転の述語修飾句:
で記述した「女はなぐられた男に復讐した」のくだりになる。

 いま冷静に読み返して、この本の学問上の価値が分りかけた感じです。

(2)日本語の文構造
 中島本では、日本語文の構造を変形生成文法の手法から解説したものですが、素人でもじっくり読めば分ってきます。
○日本語の基礎的な文(4種)
1.動詞文:「(もう)寝る(よ)」(副詞)動詞(終助詞)
2.形容詞文:「(ずいぶん)寒い(ね)」(副詞)形容詞(終助詞)
3.形容名詞文:「(ずいぶん)静かだ(ね)」(副詞)形容名詞+だ(終助詞)
4.名詞文:「(また)雨だ(ね)」(副詞)名詞+だ(終助詞)
 がなりたつので、基本規則として「日本語の文=述語文」を認めるのがよい。
○日本語文法は述語文(4種)から出発し、次いでこれを補足する要素を追加していく方向をとる。
○基本文法としては、述語(自動詞/他動詞・形容詞・形容名詞+だ・名詞+だ)の意味が要求する補語(「名詞+格助詞」)を含んだ文構造を導き出すことが必要だ。
○補語を含む文型例文として
1.「雨が降る/山が見える/頭痛がする/・/・/犬が好きだ」
2.「京都に行く/規則に従う」
3.「論文を書く/コーヒーをいれる」
4.「太郎が二郎に英語を教える/二郎が太郎に英語を教わる」
などをあげている。

(3)日本語文は盆栽型?熊手型?
 記述(ほぼ引用)が長くなったので、今回のまとめにはいります。
金谷武洋著:『日本語文法の謎を解く』:ちくま新書:2003年1月20日
によると、
○基礎は述語文で文構造がなりたつ。
○必要な補語を先行させ、最後尾の述語(盆に見立てる)に差し込む盆栽型の構造。
と述べている。

 わたしも、単文構造を盆栽型に見立てることには共感する。
だが、
○「単文(連用形述語、)/(~し+て)+次の述語・文」
○「単文(連体形述語)+名詞(+次の述語・文)」
など単文が連結規則により複文構造へ活用できることを考慮すると、
何段かの盆栽が重なる姿を想像しなければならないが、つらいと思う。
仮に、飾り熊手を盆栽に差し込むみたいなものかもしれない。

frazfarado 作文実習

(:Demanda frazo japana)
 結局,わたしの夢は実現しませんでした。
 Kekkyoku watasi no yume wa zitugen simasendesita.
(:mia respondo japaneska)
 G^isfine mia revo ne realig^is.
 
(:mia respondo esperanteska)
 G^isfine mia revo ne realig^is.
Ligo:
 週刊やさしい作文.

日本語文法に期待する

2012/07/15(日)
 櫻田氏から再メールをいただきました。
鈴木氏がネット条件が悪い場所にいて、詳細なやりとりができないので、「個人の理解の範囲でまとめた図解だとの注釈つきでならOK」と言伝があったとのこと。
全体図解も見ていただけたのだが、先生のご意向の部分を櫻田氏のメールから引用させてもらいます。
***引用******
>こうして私たちの本を読み、考えを深め、理解を頂いたことは、非常に光栄です
>し、嬉しいことです。
> しかし鈴木明氏としては、JUMPsystem全体を考えたとき、あなたからのPDF図解のまとめ
>について、いくつか検討したり整理したりしたいところがあるとのことです。
***引用終り****
 さて、前回に記述の内容は、公開したかった図解部分を含んで説明していますし、
すでにわたしの誤解を振りまいているかもしれません。図解の公開を控えることにします。
うまくいけば、一年後に鈴木先生にご面談できるかもしれませんから、もっと勉強しておきます。

2012/07/09(月)
日本語文法に期待する
 前回紹介した本:
『目から鱗の日本語文法~新しい日本語教授法JUMPsystemによる~』:鈴木明、櫻田淳一郎:文進印刷株式会社:2010年5月13日発行
の感想を続けて記述します。

(1)読書理解を深めるために図解した。
 本書のなかにも、文法説明に図表や図解が用いられています。
わたしも「この教授法」に感銘を受けて、各章の文法説明を図解・図表化してみた。
書全体をA4五枚で図表化できました。
(著者お二人にメール添付済ですが、ご返事はまだです。夏期講習プログラムでお忙しいのでしょう)
著者お二人とのご了解がとれれば、私見を交えた一部図表を公開してみたい。

(2)文法ルールは誰のもの
 この書籍で述べる文法は外国人に日本語を「論理的な最小ルールで教える」ことを主眼としたもの。
論理的であるから、日本人にも「目から鱗の」文法書になっている。
本書は「初級編」なのだが、日本語の本質をうまくつかみ取れるように順序立てられてある。

 逆の例をみると、知識の詰込みを想定した受験参考書:小学「国語文法」/まとめ上手:受験研究社が網羅する範囲は広い。品詞や文節をこまかく分析して定義細分化をしている。
手際よく「まとめ上手」なのだが、無限に文法ルールを作り続けているようにみえる。

(3)日本語の基本文型
 日本語では、主語(や目的語、繰返し語なども)が省略されることも多く、基本文型を意識することがほとんどないでしょう。
本書では、初級段階で6種類の基本文型があると述べている。
・基本文型の基礎3種類は、
 述部になり得る自動詞述部文、
 形容詞述部文、
 の名詞+「だ」(な名詞+「だ」)述部文。
これは妥当ですね。
・次の3種類には、
 「Xが Yを する(他動詞)」
 「Xが Yに/へ 行く/来る(移動動詞)」
 「Xが Yが できる/わかる/きらい(特徴説明述部:私見で命名)」
を提起している。
(さらに私見を述べると、「Xが Yに Zを 教える/あげる/もらう(授受動詞述語)」
も基本としたい。ただ、著者は中・上級編にゆずる判断をされているのだろう、言及していない)

(4)主語が二つの基本文型!!
 『日本語に主語はいらない』:金谷武洋:講談社選書メチエ
を読了して、(基本文型は基礎3種で十分だ)趣旨にわたしも敬意を寄せています。
しかし、『目から鱗の』著者は
 「XがYができる」文型を含めて、3種の文型を追加して基本文型に据えられた。
これは、外国人に日本語文法を確実に教授するための方法として、素晴らしい発想だと感じます。
一見して、「主語が二つ存在するような文型!!」を印欧語文法では説明がつかないでしょうから。
応用文例に
「太郎が英語ができます」
「猫が犬がきらいです」
「象が鼻が長い」
「花子が肌が白くて、羨ましい」
「営業第二が成績がずっと一番です」
「熊さんが饅頭がこわい」
など、簡単に思いつきます。
「が」が二つ続くのを避けたいなら、「は」に置き換えてみるとよいでしょう。

 この文型は、Xが持っている特徴を陳述説明するのに重宝なもの。
(「象の鼻が」部類と「太郎が英語を」部類との違いを述べる前に、両方を含めて基本文型だと捉えるという発想がすごい。著書の説明では「ここでは深入りしない」とあり、動詞の種類により最適な文型があるのだというヒントだけが述べられています)
いすれにしろ、日本語の文型が印欧語の文型や文法によって直ちに推し量れるものではないと早く気づかせる教授法が望ましいとのこと。

frazfarado 作文実習

(:Demanda frazo japana)
 結局,マサオは約束したその場所には現れませんでした。
 Kekkyoku Masao wa yakusoku sita sono basyo niwa arawaremasendesita.
(:mia respondo japaneska)
 G^isfine Masao promesinta loko-antau^ ne aperis.
 
(:mia respondo esperanteska)
 Masao ne aperis g^isfine antau^ la loko promesita.
Ligo:
 週刊やさしい作文.

frazfarado 作文実習

(:Demanda frazo japana)
 あなたはタバコを吸わないという約束を守っていますか。
 Anata wa tabako o suwanai to iu yakusoku o mamotte imasuka?
(:mia respondo japaneska)
 (Vi) cigaredon ne fumi promeson tenadas c^u?
 
(:mia respondo esperanteska)
 C^u vi tenadas promeson ne fumi (cigaredon)?
Ligo:
 週刊やさしい作文.

frazfarado 作文実習

(:Demanda frazo japana)
 わたしは Karloは決して約束を破らない人だと信じています。
 Watasi wa Karulo wa kessite yakusoku o yaburanai hito da to sinzite imasu.
(:mia respondo japaneska)
 Mi, ke Karlo neniam promeson senigonta ulo-as, kredas.
 
(:mia respondo esperanteska)
 Mi kredas Karlon neniam senigonta sian promeson.
Ligo:
 週刊やさしい作文.

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ