« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

日本語の助詞:金田一春彦

2012/08/26(日)
 日本語の助詞:金田一春彦
 「助詞」については、すでに再読「日本語の構造」:中島文雄でも述べたが、他書とも読み比べてみよう。
『日本語 新版(下)』:金田一春彦:岩波新書:1988年3月22日 を再読しました。
特徴的な記述を要約すると、
○品詞分け:機能や意味の共通性から「品詞」区分けをまとめれば、『前置詞』も『後置詞』も同じ範疇の「助詞」に入るだろう。
○格助詞(後置詞):印欧語系は語形変化で格(名格/対格)を表すが、アルタイ語系の言語は「~が」「~を」などの後置詞・助詞で表す。
○英語など格表現が人称代名詞にしかなく、一般名詞では語順で格表現が決る方式だ。
○日本語の格表現は相当に精密で、規則的である。
○日本語の格の数は:三上章『日本語の構文』での例示があり;13種類くらいある。
○格助詞の結合方法:
 「~がは→~は」「~をは→~は」は別にふれているが、つぎの例文を引いて「~の」助詞でも
:「妹の結婚」→「妹がする結婚」/「衣料品の販売」→「衣料品を販売すること」
:「どなたの絵ですか」→「~が描いた絵」/「~を描いた絵」
○「~がの」/「~をの」と言えないのは残念で、日本語の欠陥の一つである、とのべている。

・「助詞」については
『目から鱗の日本語文法~新しい日本語教授法JUMPsystemによる~』:鈴木明、櫻田淳一郎:文進印刷株式会社:2010年5月13日発行
の説明が一番しっかりと分かりやすい。

 金田一本の終章
:日本語はどうなるか
の最後に、重要な指摘がある。
○「あやまることをよしとする態度」 日本人がたえず相手のことを考慮しながら話す態度、ことに、あやまることをよしとする態度はまことに好もしいが、外国人には通用しないから注意しなければいけない。
日本人の中での生活の場合と、外国人と接触する場合との二役を演じるようにすべきだろう。
○しかし、考えてみて、悪いことをした時にあやまってはまずい、自分を主張すべきだというヨーロッパ流の考えは、どう見てもいいとは思えない。
○自分の非を認めているということで罪が軽くなる、というほうが好もしいではないか。
○タイ、インドネシア、ビルマ、スリランカ・・・そういう国の人の間にも、こうした考えがあるように見える。
○そのようなアジア人の行き方が他の国でも認められ、欧米人に多少とも影響を与える日が来ることを期待する。

 引用記述が長くなったが、日本文明のなかで生きる人間として肝に命じておきたいことだと感じている。
・「二役を演じ分ける」のではなく、理想としては、「同時に二役の気持・思考を頭の中でこなせて、なおかつ、表現できる」ような行き方が好もしい。そういう世界が来るのが待たれる。
・おそらくこれは、中世の昔「けんか両成敗」で争い事を収めた精神を改良して、未来的に通用する「人理天秤法則」が生まれてくることになるのだろうと推測する。
・「文法」の話ではなく、「万有資源」の話にかかわることなので、本日打ち止め。

日本語の動詞:「動詞連続線」に

2012/08/20(月)
 日本語の動詞:「動詞連続線」に
 中島文雄著作『日本語の構造』を再読している。
中島本:日本語の自動詞/他動詞が印欧語文法と大きく異なるもので、同一語幹から自動詞/他動詞ができている例を多数あげている。その一部を引用する。
○行為動詞/自発動詞=他動詞/自動詞という考察を述べており、
さらに自然発生的な動作を表すものとして自発動詞を使いたいようだ。
○自然発生的な動詞表現の例:
見える/聞える/煮える/燃える/消える/絶える/栄える
など。
○他動詞の自動詞的な用例:(再帰的他動詞→自動詞化の例)
(寄る/寄せる):岩に寄せる荒波/敵が寄せてくる/お宅にも寄せていただきます。
○可能表現の例:
(文法が)できる/わかる。
○結果状態の表現の例:(自動詞を好む傾向)
植わっている/助かった/受かった。

 前回に「能動/受動の双対性」、「動詞連続線」で提起した用語は、
・「状況動詞」←「自然発生動詞、状態表現に専用する動詞」/(中島本:自発動詞)
・「自発動詞」←「自発的行為動詞(自動詞、他動詞とも)」/(中島本:行為動詞)
の区分けをおこない、左端の「状況動詞」、「自発動詞」を採用して図表化したものだ。

 すべての動詞が「動詞連続線」上のすべての態様に乗る活用がなされることはないかもしれない。
まだまだ、思考例が少ないですからね。
日本語の動詞文法として、まずは
・能動形/受動形の双対性
・双対の「動詞態様連続線」
を基本法則におくことがよいのではなかろうか。

○「動詞の態双対環」模式表記:(思考実験の結論として追記挿入)

    能動態   ・・・・・   強制態     ・・・・・・・   二重強制態
   /   \         /   \(使役態)   二重 /   \二重
 結果態  可能態  強制結果態 強制可能態    強制結果態 強制可能態
   \   /         \   /             \   /
    受動態   ・・・・・  強制受動態   ・・・・・・   二重強制受動態

日本語の動詞:能動形・受動形の双対性

2016/12/23(金)
 追記:2016年現在、「態の双対環」の考え方を進展させて、3つの「双対環」
で表現する方法を提起しています。
〇最新図解付きを参照願います:態文法:受動態と使役態の違い(2)

2014/06/10(火)
 態の双対多重環の図をリンク追記します。
日本語動詞:「態の双対多重環」図

2013/10/29(火)
 日本語の自・他動詞ともに態(ボイス)は「自発能動系統/動作強制系統」が鏡像関係、双対性があるとの考察に思い至りました。
どうぞ、日本語文法:ら抜き・さ入れ言葉の存在証明日本語動詞:態の双対図表(後半)日本語動詞:態の双対図表 をご参照してください。

○「動詞の態双対環」模式表記:(思考実験の結論として追記挿入)

    能動態   ・・・・・   強制態     ・・・・・・・   二重強制態
   /   \         /   \(使役態)   二重 /   \二重
 結果態  可能態  強制結果態 強制可能態    強制結果態 強制可能態
   \   /         \   /             \   /
    受動態   ・・・・・  強制受動態   ・・・・・・   二重強制受動態

2012/08/10(金)
 日本語の動詞:能動形・受動形の双対性

 前回は、
金谷武洋著:『日本語文法の謎を解く』:ちくま新書:2003年1月20日
が提唱する「日本語文は盆栽型」ということを述べました。

今回は、その本の全体を読み直してみました。
 金谷著作では、『日本語に主語はいらない』:講談社選書メチエ:2002年1月10日
も読み合せました。
どちらも、後半には「日本語の動詞」を分析されています。
○日本語の動詞体系の特徴は、
 自動詞/他動詞からの派生形が受身と使役なのだ。
○したがって、受身・自動詞・他動詞・使役の形を連続線で表すことが出来る。
という概念(著作ではもっと詳細解説あり)です。

 今回、連続線上に並ぶかどうか実際に自習してみました。
その結果、「一本の連続線軸」では収まらないことを発見した。
・「連続線=受身-自動詞-他動詞-使役」という概念には不都合がある。
 (この連続線では、自動詞/他動詞から規則的に受身形も使役形も派生できる
 日本語動詞の特徴を表現しにくい)
・日本語の動詞は「すべて能動形と受身形を並行して持てる」という双対性があり、この特徴を考慮に入れるべきだ。
 そこで、自動詞も他動詞もすべての動詞が、「二本の連続線」に乗る構造を考え出した。
・「能動形連続線=状況動詞-自律動詞-強要・介助動詞-三者間使役動詞-介助使役動詞」
「受動形連続線=状況動詞-自律動詞-強要・介助動詞-三者間使役動詞-介助使役動詞」。
・一つの動詞系は「能動連続線」と「受動連続線」の二つを持つ。
・新提案の連続線:「状況動詞、強要・介助動詞」など新規命名ですので、専門家に検証していただけたら幸いです。
・新提案用に自習制作した図表を初公開させていただきます。
Photo

2012/08/11(土)
 日本語の動詞:追記。
新提案の「動詞連続線」を案出するに至った経緯をいくらか追記します。
・動詞「見える/見る/見せる/見させる/見せさせる」を解釈するために、思考実験のなかで登場人物を設定しました。
・見える:人間でなく「見られる風景」でもよい。
・見る:「本人」の動作。
・見せる:「相手」に見ることを「本人」が強要する動作。
・見させる:「相手」が見るように「本人」が「第三者」を介して仕向ける動作。
  つまり、「相手」に見ることを「第三者」が強要する動作(見せる)を「本人」が仕向けること。
  (「相手」が見る動作をするように「本人」が直接行動するのではない)
・見せさせる:「相手が見る動作をする」ように「本人」が「第三者」を介して仕向ける動作。

 この図表を作成していて、昔の経験を思い出した。
○20年ほど前、九州?で地元の年配者と話していて、
「そんなこと、あらすか?!」という言回しをたしか聞いたことがある。
○そのときは「そんなことあるか?!」の意味で
理解していたが、本当はひとひねりある言葉だったのですね。
○「そんな、ないことをあるように言ってるんじゃないか?!」
という意味だったのでしょうね。
(あるいは「あらす」:文語形使役・尊敬で、尊敬の念や驚きの気持ちを含むのかも)


« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ