« 日本語文法:存在表現「ある」と「いる」 | トップページ | 日本語の文型:盆栽型述語の多層活用 »

日本語文法:「する」と「やる」の区別

2013/06/20(木)

(1)「する」/「やる」の違いは?

 前回、読書中だった図書を読み終えた。
『日本語を「外」から見る ~留学生たちと解く日本語の謎~』
佐々木瑞枝:小学館:2010年2月6日

留学生の会話:
〇「日光へ旅行をやりました」
 というやり取りのあとで、「する/やる」談義がはじまった。
・「する」と「やる」の使い分けを合理的に納得させる教授法・文例が書かれて
 ある。
・最少ルールで文法則を説明できるといいですね。

〇佐々木本では、
①「する」:自分の意思で行う=意志動詞。
 (旅行する、洗濯する、発表する、スタートする)
②また、状態変化(自動詞的)の表現動詞。
 (上達する、合格する、成功する)
 これらを「やる」に置き換えできない。

③「やる」:基本は授受動詞。(物や行為をやらせる、やらされる関係)
 (餌をやる、一杯やりましょう)
 これらを「する」に置き換えできない。
④両方使える:共同動作。
 (PTA活動をする/やる、留学生祭りをする/やる、会議をする/やる、
  試合をする/やる)

(2)寝も「やらず」に考えて、二晩「する」と、ようやくわかった
  (↑国語辞典の用例を応用しました)

 当方も幾晩か寝ながら考えて、最少ルールにたどりついた(かも)。
〇辞典には
・「する」:サ変他動詞:行う、なす:サ変自動詞(自然):(音がする、3千円も
 する、五年もすると)。
・「やる」:五段他動詞:行かせる、遣わせる、相手の利益として与える。
 (使いをやる、金をやる、(飲食)一杯やる、書いてやる)

<ここから思考実験をすすめる。
・「やる」の原意には、行為や物の授受をする動作や、使役的動作(行かせる、
 遣わす)が想起され、行為者以外に相手が存在するのだと推測できる。
・この使役感覚が変化して、話者自身が「やらされる」と思い込んで、『すぐ
 宿題をやるから、おやつ、ちょうだい!』などと言うかもしれない。
・何度も「やりなさい!」「やりなさい!」と言われていると、相手は「やります
 !」と応答してしまう。
・自分が使役の請負をしたつもりになって、「やる」、「やります!」という言い
 方がでてきたと推測したわけです。
・つまり、義務感や責任感をもって(成果を期待して)行う=「やる」の意味が
 拡張されたのか。
(「やらされる」感じが薄まり、「する」と同義に近づいた理由なのでしょう)
・「やる」=自分をしてやらせるという再帰的動詞なのかもしれない。>

(3)「やる」の原意を大切に

 「やる」(=授受動詞、使役動詞)を使う場面での「登場人物」を想定すること
が大事です。
〇登場するのは、
①行為者、②被行為者(使い、受け手)、③使命・餌・課題(明確な目標)
 の3つです。
 この情景を必ず思い浮べることができれば、「やる」が仕事や課題を仕上げ
る、あるいは、相手に「ものをやる」とか推測できるのではないか。
〇行為者、被行為者がともに「やる」、「やりましょう」と言いうる。どちらが
 話者であっても成立する言回しと受け止められたのではないか。
〇さらに重要な点は、③やるべき事柄が①行為者、②被行為者ともに「理解
 しあえる明確な内容」だということ。
〇この2つの条件で、「やる」表現が「共同で、グループで、特定目的のために
 行動する」意味にも活用しやすくなったのだろう。

 話が飛躍するが、
・たとえば、不正行為や犯罪行為が発覚した際には、『なんでそんなことを
 したのか?』ではなく、『なんでそんなことをやったのか?』を追求する。
・「双方が理解しうる説明」、「納得がいく説明』が必要だからだろう。
・念のために「する」場面の登場人物について考察しておくと、
 ①行為者、②動作目的、の二者(補語)があれば十分な状況説明になる。
 だから、行為者だけの「する」説明では、うその理屈で動作を言い繕うかも
 しれない。

 ネット上の「する/やる」区別に関する書込みを調べてみると、文例として
佐々木本に近いものが多い。
・「やる」を考察した書込みに、「再帰動詞」を指摘するものも、「登場人物」分
 析のようなものも見当らない。

(次回に続く)

« 日本語文法:存在表現「ある」と「いる」 | トップページ | 日本語の文型:盆栽型述語の多層活用 »

日本語文法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102259/57635474

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語文法:「する」と「やる」の区別:

« 日本語文法:存在表現「ある」と「いる」 | トップページ | 日本語の文型:盆栽型述語の多層活用 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ