« frazfarado 作文実習 | トップページ | 二分合体思考法の効用:動詞の態双対環 »

日本語動詞:受動態の多面性-2

2013/12/24(火)

(1)受動態と可能態が同形の場合

自動詞・他動詞の双対生成の例:曲がる/曲げる を模式表記で表すと、

    能動態   ・・・・・   能動態   ・・・・・・・  能動態
    曲ぐ:文語       曲がる:自動詞      曲げる:他動詞
   /   \         /  \          /   \
 結果態  可能態   結果態   可能態    結果態  可能態
 曲がる   曲げる   曲がらる  曲がれる   曲げらる  曲げれる
   \   /         \   /         \   /
    受動態   ・・・・・   受動態   ・・・・・・   受動態
    曲がれる        曲がられる        曲げられる

○文語:曲ぐ→受動態:曲がれる と、
口語:曲がる→可能態:曲がれる   が同形になります。
○これが受動態に「可能」のニュアンスが含まれる下地になっているかもしれません。
○模式表記の3つの可能態:
・曲げる/曲がれる/曲げれる
のうち、「可能」の意味が明白なのは、曲がれる/曲げれるです。
・一方、曲げる:は、「動作」を意味する感じがつよいですね。
・別例:立つ→可能態:立てるの場合、「可能:立てるようになった」、「動作:門松を立てる」のように両面を持ちます。
・動作:立てる→可能態:立てれる となれば、「可能」の意味がつよくなります。
○文語動詞から口語動詞への変換で、可能接辞:eruが「動作」の意味で使われている。
・流る→流れる/離る→離れる/乱る→乱れる/こぼる→こぼれる
(流るる、離るる、乱るる、こぼるる から転換してきた)

(2)受動態と結果態との関係

文語受動態=口語結果態である。
もっとも、思考実験のなかで「結果態」と命名しただけなので、知名度は低いでしょう。
○結果態:「動作・変化が行われた結果の状態」を表す述語と定義した。
・文語では「受動・受身」の意味合いですが、思考のなかの「結果態」としては「結果」に重点があり、「受動・受身」は付属的なものと考える。
・口語での「受動態」は「結果態+可能態接辞:eru」の合成によるもの。

会話のなかで結果態が単独で使われる機会は少ないですね。
(ただし電車内放送で車掌さんが「ドアが閉まります」とアナウンスする発想は、「動作」を言わず「結果の表現」を好む日本語流の言語方式ですから、必ずしも結果態が見過ごされているというわけではない)
○口語動詞の生成段階では遺伝子的な作用で、
・曲ぐ→曲がる/曲げる、つなぐ→つながる/つなげる、休む→休まる/休める、上ぐ→上がる/上げる など自動詞/他動詞の双対生成に使われている。
(休まる:休んだ結果の効果状態を意味する)

(3)単文での結果表現

では、会話のなかで結果表現はどうするのか?
○通常は動詞・能動態の完了形で表すことが多い。
・「この町にも高層マンションが建ちましたねぇ」:×建てられましたねぇ。
・「謎が解けたぞ」:×解かれたぞ。
・「鍵が見つかった」:×見つけられた。 (見つかる:見つk・aru=結果態かも)
・「アワビ 獲ったどォ」
○日本語の特徴的な一面が出ています。
・「ものごと」自体の動作・変化の状態を言い表すときには、能動態で表現する方法をとる。
・補語「登場人・物」が「ものごと」だけで済むからでしょう。
・受動態での表現にすると、「行為者」が誰なのか詮索したくなります。

(4)複文での受動態・使役態表現

ものごとの因果関係を説明するのに補語(登場人・物)が必要になり、行為のやりとりが受動態や使役態で表現される。
・「高層マンションに建たれてしまったから、遠くの眺めがきかなくなったね」:×建てられてしまった。
・「女はなぐられた男に復讐した」:×女はなぐった男に復讐した。
・「青年は瞳を輝かせて入ってきた」:×瞳が輝いて入ってきた。
・きのう買った本はおもしろかった。:×買われた本。(行為者の視点で:買った本でよい)
・「先生、こどもを休まさせてください、インフルエンザだと医者に言われました」:×休ませてください。
(二重強制:先生が保護者にこどもを休まさせる:×休ませさせる)

« frazfarado 作文実習 | トップページ | 二分合体思考法の効用:動詞の態双対環 »

日本語文法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102259/58812075

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語動詞:受動態の多面性-2:

« frazfarado 作文実習 | トップページ | 二分合体思考法の効用:動詞の態双対環 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ