« frazfarado 作文実習 | トップページ | 日本語文法:日本語をどう見るか »

日本語文法:結果態の謎4

2014/11/16(日)

(9)動詞態活用一覧表

 動詞態を学習するための仕上げ段階で覚えておくと、文法的な整理ができ
る一覧表の例を示します。
(図表参照)
Photo
〇この一覧表では「態の双対環」方式に依拠した動詞態を記載してあります。
〇表の見方で重要な点は、それぞれの動詞態の語彙が「どんな登場人物の相
 互関係でどんな動作を意味するのか」を考えながら理解していくことです。
・動詞態は、4つの態(能動/可能/結果/受動)と3つの系(能動・自力/強制
 ・他力/使役・仲介)の形態があり、分析的に動作を表現できる体系になっ
 ています。
・一覧表には動詞態に後続して別の助動詞接辞が膠着接合する例を含めて示
 します。
・打消し:ない接辞と丁寧:ます接辞、ません接辞が後続する例です。
〇結果態は文語体の言い切り型に相当する形態なので、後続して接辞活用す
 ると奇妙な感じの動詞になります。代わりに結果態と意味合いが近い受動
 態での表現が使われる。
・「休まる」「始まる」「変わる」など語彙的態として通用している「+ある」語
 幹動詞では、文法的態による動詞よりも比較的広く態活用できますが、そ
 れでも強制、使役系では奇妙に感じます。
・「さす:→ささる→さっしゃる、さっしゃれ」と音便変化して結果態とも尊
 敬態への流用とも言える使い方もあったようです。
 「歩かっしゃれ、食べさっしゃれ」など動作の強制と言うよりも「動作を促
 す」ときの言葉使いだったかもしれません。
(いらさる:→いらっしゃる、おおさる:→おっしゃる、と同類ですが、「さっ
しゃれ」は尊敬態よりも動作促進態の意味が強いかもしれません)

〇さて、態活用一覧表をこんな風に展開して提示したのはなぜでしょうか。
・態の接辞は種類も限定されていますし、すべて基本は2音素の短い言葉で
 す。それが動詞と膠着接合して多くの語彙を生み出します。受動態:結果+
 可能の接辞合成で3音、使役態:強制+可能の接辞合成で3音、使役受動態:
 強制+可能+結果+可能の接辞合成で5音、受動使役受動態:結果+可能+強
 制+可能+結果+可能の接辞合成で7音です。
・日本語が膠着語ですから、意味のある機能音素は関係語彙と結合してしま
 います。自他対応の語彙的態の接辞が文法的態の接辞として再利用される
 のは当然のことでしょう。
・「態の双対環」の文法概念としては、「態の接辞」として形と意味を整理して
 記憶に残すことを重要と考えています。
 「態の接辞」が記憶にあれば、膠着語の言語運用に慣れた人なら迷わずに使
 いこなせるはずです。
・その他の接辞:動詞の五段活用、一段活用に膠着接合する接辞、つまり、助
 動詞一般(形容詞的、形式名詞的なものもある:活用接辞と命名すれば誤解
 がない)の接辞形態として一覧表化できる。
 それほど、日本語の動詞は規則動詞がほとんどなわけです。
・膠着語に適合した日本語文法が早く実現するといいですね。
 (別項の「新文法への道」で考察したい)

(10)パソコン・キー入力で結果態を漢字変換するには

 一覧表作成時の日本語入力で結果態を漢字変換しているときに気づきました。
〇動詞態の動詞表記で漢字変換は大部分が支障なく変換されますが、結果態
 については変換できないケースが多いです。
・可能態:問題なく変換可能で、「食べれる、考えれる」も「ら抜き言葉だ」など
 とひねくれないで正しく変換されます。
・結果態:母音語幹の「食べ+、考え+」の場合は、そのまま「たべらる、かんが
 えらる」で変換すれば、「食べらる、考えらる」が出現します。
〇結果態:子音語幹の動詞では、「あるかれ」で変換→「歩かれ」出現→「れ削
 除」修正し「歩か」→「る入力」し「歩かる」とします。
・つまり、子音語幹の動詞を結果態で漢字変換するには、結果態の先(已然形
 ・既然形)→受動態の一歩手前までキー入力してから漢字変換するのがコツ
 ですね。

« frazfarado 作文実習 | トップページ | 日本語文法:日本語をどう見るか »

日本語文法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102259/60661495

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語文法:結果態の謎4:

« frazfarado 作文実習 | トップページ | 日本語文法:日本語をどう見るか »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ