« 日本語構造伝達文法12年版を独習する2 | トップページ | 2015年主要記事一覧表 »

老人力がついてきた?

2015/03/31(火)

 自分にも老人力が出てきたのかもしれない。一瞬、うろたえてしまったが。
〇今日は回復できて一安心だ。
・昨日は銀行カードの暗証番号を思い出せずに、ATMエラー音に焦ってしまい、3回目のキー入力をしないで帰ってきた。
・一晩掛かって4桁数字の並びをこざね紙に書いて、覚えているか試した。4つの数字は間違いないのだが、並び順全部のうち、4種が候補に残る。
・第一候補は昨日2回目にキー入力したもの、第二候補は昨日1回目に入力したものだ。
 しかし、自分でも驚くほどに「これだ」という感覚が湧いてこない。
〇最近の7カ月前に、一度にまとめてカード引出したので、しばらく暗証番号をキー入力しなかったからですね。
・半年使わないと老人力が働いて忘却してしまうのだと実感しました。

 昨日を含めて3月はいろいろな老人力を見る機会が3件あった。
〇昨日、散歩に出てすぐのT字路横断歩道を渡っていて、危うく右折車に跳ねられそうになった。
・横断歩道の半ばまで来たとき、右折車が真横1mくらいで止まった。運転席で小柄なおばあさんが左手を顔の前にあげて手刀をひらひらさせている。
・飛び退いて事なきを得られただろうかと内心で検証しながら、口をとがらせておばあさんに抗議姿勢を見せるのが精一杯の行動だった。
・右折車が急ぐなら、背後を通れるくらい歩道半ばまで来ていたのに・・・散歩を続けながら考えた。
・ひょっとすると、あのおばあさんは『右側通行ルール』の習慣が抜け切れない人なんだろうか?
〇1週間ほどまえ、ある意味で傍若無人たる老人紳士を見た。
・喫茶店内でほそい通路の先のトイレに先客があり、扉前で待っていると、扉が開いた。
 一瞬、出る人、入る人が譲り合う感じになる。後からほそい通路を歩いてきた紳士が「何しているの?」と言いながら、傍若無人たるすらりとした長身の大きな足どりでトイレに入ってしまった。
・先客の若者もわたしも茫然の状態であきれてしまった。が、意を決して反撃に出た。紳士の背後を抜けて脇にある大用の個室へわざと入り用を済ませた。残念ながらもう紳士の姿はなかった。
〇3週間ほどまえ、散歩の途中、ゆるい坂の歩道でそれほど際どいすれ違いでもないのに、「右側通行を守れって!」と振り返りながら叫ぶ元気老人がいた。
・頑固一徹「右端歩き」を貫いているらしい中背の高齢者は散歩慣れしているような風情だが、そんなに老人力を振り回しては煙たがられているのではないだろうか。
・長距離の歩き旅には、左側通行が便利なことにまだ気づいていないようですね。車も自転車も人も左側通行にするほうが本当は便利・安全なのです。と説明するのは面倒なので、当然やり過ごしました。

 知らぬ間に忍び寄る老人力に対処する手立てを考えながら生きていくのも楽しいだろう。

« 日本語構造伝達文法12年版を独習する2 | トップページ | 2015年主要記事一覧表 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102259/61371051

この記事へのトラックバック一覧です: 老人力がついてきた?:

« 日本語構造伝達文法12年版を独習する2 | トップページ | 2015年主要記事一覧表 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ