« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

日本語動詞活用:古語辞典

2015/11/28(土)

 今月に入ってから動詞活用を再考察している。
『助動詞活用表』を各種の国語辞典で比較したり、今週になって古語辞典での『活用表』を調べ出したりしている。

 近くの図書館に『岩波古語辞典補訂版』:大野晋他2者:1974年12月第一版、1990年2月補訂版、2000年10月補訂版、があるのに気づき確認しました。
〇辞典後部の付録には「基本助動詞解説」が多くのページ数にわたり詳細に記述されてある。
★助動詞を類別区分して、
--引用はじめ(抜粋的)---
・第一類:使役、自発、可能、受身、尊敬、
 :す、さす、しむ. る、らる、(ゆ)、(らゆ)
・第二類:尊敬、謙譲、丁寧
 :たまふ、たてまつる、きこゆ、まうす、はべり、さぶらふ.
・第三類:完了、存続
 :つ、ぬ、り、たり:甲、
 :ざり、べかり、まじかり、めり:乙
・第四類:打消し、推量、回想
 :ず、じ、まじ、(ましじ)
 :む、らむ、けむ、らし、まし、べし、なり、き、けり
・別類:指定、比況、希求
 :なり、たり、ごとし、まほし、(たし)
--引用おわり--
という分類番号を付けて用法を注記してある。
★常に1、2、3、4類の順に接続、配列される。欠けてもよいが逆順になってはならない。
★可能、受身:る、らる、につく「る」は自然展開的、無作為的であることを動詞に追加する役目を帯びている。
★使役:す、さす、につく「す」は人為的、作為的の動詞の意を示す。
★自動詞・他動詞の対生成と受動、使役の助動詞(態)接辞の機能の関係性を認める記述がある。

 私には古語助動詞の使い方や意味の感覚が残念ながら身についていないながらも、助動詞を意味のうえで区分し記述順序を明示するという抽象概念は理解でき、強く共感します。
動詞全活用段階を①態活用段階、②動詞活用段階、③助動詞活用段階と言いたい立場にいますから、
・古語辞典の一類=態活用段階、次に動詞本来の活用:動詞活用段階があり、次に古語辞典の二類~四類=助動詞活用が続くのだという都合よい想定ができそうです。
『岩波古語辞典』の助動詞活用の考え方も鮮明な方向性があります。これに理解を示す人も多くはないのでしょうが、尖ったよいものは発展させていきたいですね。

 『基本助動詞解説』で動詞語尾「る」:自然展開的、「す」:人為的作為的という対向関係の記述を見ていて、金谷武洋『日本語に主語はいらない』講談社選書メチエを思い出しました。
金谷本の第五章「日本語の自動詞/他動詞をめぐる誤解」の14節「日本語の態を示す連続線」を読み直して気づきました。記述のなかに『岩波古語辞典』発案の動詞見出し語に終止形でなく、連用形を採用した利点を感得なさって、金谷自身の論考の中で次の方針で考察したという。
---引用はじめ---
(あ)(かな書きでなく)訓令式ローマ字で表記する。
(い)(終止形ではなく)連用形を使用する。
(う)自/他動詞はお互いに形態的対立を持つものに限り、しかも片方が「す」か「ある」かで有標である場合、それだけで自他はそれぞれ同定されるから、ペアのもう一方は考慮外とする。
(え)自/他動詞の考察をより広範な態(ヴォイス)の一環として捉える。
---引用おわり---
『辞典・解説』の意図が活かされていると実感できて頼もしいですね。

〇ただ、自他動詞と態のとらえ方として「一本の連続線上に配列する」とする概念には矛盾と無理を感じます。なぜなら受動態は自動詞にも他動詞にも使役動詞にも受動態派生することができます。二本線とか環状線とかの模式化が必要なのではないか。
〇また、動詞語尾の「る」と「す」の対向関係を自動詞/他動詞の対向関係と見るだけでなく、態の「受動」と「使役」の対向関係で見立てることもあり得るだろう。
★「態の双対環」での考え方:(自他動詞の識別を目指すのでなければ)能動系として「る」も「す」も一括りにできる。
・能動系「-ru」・「-su」:自律、自力の動作や行為を表す動詞につく。
 (「す」は他動詞に多い)
・結果態「-aru」:動作や行為の結果(完了、完了推測を含む)を表す動詞をつくる。(←文語受動態)
・受動態「-areru」:動作や行為の結果(完了、完了推測を含む)を表す動詞をつくる。(口語受動態:結果態と可能態の合成)
・強制系「-asu」:他律、他力での動作や行為を強制する動詞をつくる。(←文語使役態)
・使役系「-aseru」:他力での動作や行為を強制的に実行させる自律動詞をつくる。(←口語使役態:強制態と可能態の合成)
〇日本語の特徴は自然中心とはいえ、自動詞でも他動詞でもその動詞の意味の解釈には「人間の動作意図」を第一には均等に見比べてから、行為の自律/他律による動詞か、変化状態の動詞がどう影響するかなどをくみ取る視点が必要だと感じる。
〇態が替わるとは、構文の主格主体を入れ替える動詞表現になるわけですから、「動作意図」の焦点変化にも注目すべきです。
★日本語構文の場合、動作主体は全系の態動詞のどれでもを述語にできます。被動作主体や事象主体は能動態、強制態、使役態を除いた各系の(可能態、)結果態、受動態のどれでもを述語にできます。
参照:日本語動詞:可能態と受動態の可能表現の差

日本語動詞:動詞活用3段階

2015/11/21(土)

 「動詞活用の3本立て」についてもう少し視野を広げて整理する。
★動詞述語としての活用には「機能接辞の接続方法の3本立て」と「構文構成に対する3本立て」がある。
①接辞接続法:3者択一。
・「動詞語幹」+「挿入音素」+「機能接辞」の3要素の接続に3通りの(文法)解釈ができる。
(1)3要素一括で解釈する方法。
(2)「動詞語幹」+「挿入音素+機能接辞」と解釈する方法。
(3)「動詞語幹+挿入音素」+「機能接辞」と解釈する方法。
〇3者択一で解釈文法を選ぶならば、自信を持って(3)方式を推奨したいと思っている。
(機能接辞を正しい形態で認識するのに最適な方法です)

②接辞構文法:3者連結順番。
・接辞の機能に従い区分する:
(1)「態接辞段階」(言わば動詞原形につながる!)、
(2)「活用接辞段階」(時・相を含む)、
(3)「判断接辞段階」(推量、断定、伝聞など)、
以上の3段階を接辞接続法で順番に連結していくと立派な構文ができあがる。
そういう文法ができるとよいのだが、どうだろうか。

 今までは「態の接辞接続法」を中心に考察してきたので、
第3方式の「接辞接続法」での表記方法を補充的に示しておきたい。
なお、厳密な表記を機能接辞相互の連結にも適用すると、
・能動系受動態:休まれる、食べられる、
(未然形に接続するのではない!言わば動詞原形につながる!)
 やすm・φ+ar・φ+e・r+u、
 たべ・r+ar・φ+e・r+u、
・使役系受動態:休ませられる、食べさせられる、
(未然形に接続するのではない!言わば動詞原形につながる!)
 やすm・φ+as・φ+e・r+ar・φ+e・r+u、
 たべ・s+as・φ+e・r+ar・φ+e・r+u、
となる。
★煩雑を避けるため、機能接辞については接合済みの形態で表記することにする。
(未然形に接続するのではない!言わば動詞原形につながる!)
・休まれる:やすm・φ+areru、
・食べられる:たべ・r+areru、
・休ませられる:やすm・φ+aserareru、
・食べさせられる:たべ・s+aserareru、
★態の接辞を暗唱学習するなら、
・受動態:「~areru」-(言わば動詞原形につながる!)
・使役態:「~aseru」-(言わば動詞原形につながる!)
・可能態:「~eru」--(言わば動詞原形につながる!)
・結果態:「~aru」--(言わば動詞原形につながる!)
・強制態:「~asu」--(言わば動詞原形につながる!)
という「音素形態」で覚えるとよい。
〇動詞の重要な要素として、可能態、結果態、強制態の音素が単語のなかに入っているから、学習の際には自他交替機能を説明するとよいのではないだろうか。
★可能態接辞:e・r+u→「eru」は、これを動詞に付加すると母音語幹動詞に変化します。だから「eru」が付加される受動態、使役態、可能態、強制受動態、使役受動態は母音語幹動詞となります。
・母音語幹動詞の場合、
 食べる:たべ・r+u、→食べさせる:たべ・s+aseru、
のように、たべ・(r→s)交替(能動・使役交替)の文法的な音素変換が必要になります。
・打たれさせられる:うt・are・(r→s)+ase・r+areru、
のように、受動態+使役(態+)受動態と「態の連鎖」構文でもr→s交替は必要です。
・親が子に(対して)猫に餌を食べさせさせる:と二重使役態を使うのは厳密性には適合するが、はやらない。
・たべ・(r→s)+ase・(r→s)+aseru。
〇しかし、二重使役は3者関係での行為・動作ですから、現実生活で起きやすい事態でもあります。
・子に(猫に食べさせ)させる、という入れ子状態を想起すると言いやすいですね。

★可能態:休める、食べれる、(動作意図、意思としての可能を表す)
(未然形に接続するのではない!言わば動詞原形につながる!)
・やすm・φ+eru、(比較:受動態:休m・φ+ar・eruは結果可能を表す)
・たべ・r+eru、(比較:受動態:たべ・r+ar・eruは結果可能を表す)
〇「す」語尾の動詞(他動詞や強制態動詞)は受動態が受身表現に適合しすぎで、結果可能を想起させてくれない。それゆえ、可能を表すのに「渡せる、移せる、動かせる、乾かせる」などの可能動詞の形式が誕生したのだろう。(学校文法で「す語尾の可能動詞例」を例示しないのは、「~せる」が使役を想起させるからかもしれません。また、未然形接続と言えない可能形式に対して、可能動詞と特殊化して子音語幹動詞だけに限定使用をはじめたのだろう。3~4世紀にもわたり不遇にある可能態を正式に認める文法がほしいですね。可能態は「ra抜き」でなく「ar抜き:つまり結果前段階」の意義をもつ。受動態は「ar:結果付き」で表す結果可能を意味します。この両方があって表現が豊かになっています)

 今後は「接辞構文法」を調べてみたいが、とりあえず一休みします。

日本語動詞:動詞活用の3本立て?

追記はじめ-
★★→投稿本人注:2015/11/16:動詞基幹の名称概念を廃止します。態接辞にしか通用せず、動詞活用接辞、助動詞接辞などを含めて通用する概念としては、「動詞語幹+挿入音素+機能接辞」の全体構成から「動詞語幹+挿入音素」の部分を「機能接辞」と接続するという解釈がよい。(一般化した「動詞語幹+挿入音素」は子音終わりの基幹形態にならない場合もあるから)
追記終わり-

2015/11/15(日)

 前回記述の「研究会」での反省点は、「態の双対環」で提唱する態文法を説明することに力点を絞り込んでしまったことです。
現在の学校文法に対する不満は誰もが持っているけれども、問題解決の方法は十人十色でしょう。
思考実験での経緯説明が少なかったので、「動詞語幹と動詞基幹の2本立て」の構想自体が個人的な突飛な文法仮説としての印象が強かったのかもしれない。

・もう少し根源的な考えから話しておこう。
★日本語文法は、ローマ字解析による「動詞の子音語幹/母音語幹」とそれに続く「助動詞接続、活用接続」の解釈方法に対して正確な(ローマ字解析による)答を提示できていません。
★動詞語幹と活用接辞のローマ字解析による接続法は、本来的に3本立てになります。
〇理由は、「動詞語幹」+「挿入音素」+「態接辞/活用接辞/助動詞接辞=機能接辞など」の3要素が組み合されるからです。
・「語幹」と「接辞」が音韻的にうまくつながるには、子音+母音、母音+子音の関係になるように「挿入音素」を両者の間に配置することが必ず必要になります。
★つまり、文法解釈の3本立てとして、
①「動詞語幹」+「挿入音素」+「機能接辞」のままでよしとする。(分解の解釈をしない)
②「動詞語幹」+「挿入音素+機能接辞」と解釈する。
③「動詞語幹+挿入音素」+「機能接辞」と解釈する。
の3つの方式が存在できます。
この3種類の「動詞・接辞の接続法」があり得ることを共通理解しておく必要があります。

 現状の「ひらがな解析」文法では、
★学校文法:方式混在となる。
・やす+ま+れる=①方式?
・たべ+られる=②方式?
・やす+み+ます=①方式?
・たべ+ます=②方式?
★日本語教育の初歩の現場:日常文として分解せずに教えるようです。
・やすまれる=①方式一括
・たべられる=①方式一括
・やすまない=①方式一括
・たべない=①方式一括
 一方、「ローマ字解析」文法では、
★日本語教育の上級、研究現場:ローマ字解析を用いる。(φ=無音)
・やすm+φ・are・ru=②方式
・たべ+r・are・ru=②方式
(②受動態共通表記:語幹+(r)are・ru)
・やすm+i・masu=②方式
・たべ+φ・masu=②方式
(②中止形共通表記:語幹+(i)masu)

★③方式はローマ字解析によってもまだ使用されない無用の方式だろうか。
(私自身も今年から使い始めた方式で、それ以前は②方式でした)
・③方式も態接辞に対して適合性を試してきました。動詞活用全体に適合させるには別の小細工が必要になるかもしれません。
・③方式:「語幹・挿入音素」+「機能接辞」の用例を少し上げておきましょう。(φ=無音)
・やすm・φ+are・ru=③方式
・たべ・r+are・ru=③方式(r:挿入音素!)
・やすm・i+masu=③方式(i:挿入音素!)
・たべ・φ+masu=③方式
・やすm・a+nai=③方式(a:挿入音素!)
・たべ・φ+nai=③方式
★あら、小細工ではなく「挿入音素」と考えればよいのか!
・「動詞基幹」を定義しなくても、「r/s」を「態のための挿入音素」と見ればよいらしい。
・やすm・φ+ase・ru=③方式
・たべ・s+ase・ru=③方式(s:挿入音素!)
・やすm・φ+e・ru=③方式
・たべ・r+e・ru=③方式(r:挿入音素!)
・やすm・φ+oo=③方式
・たべ・y+oo=③方式(y:挿入音素!)
★例がすべて③方式として成立つようだ。すごいですね。

〇この③方式が優れている点は、機能接辞の形態が子音/母音どちらの語幹に対しても同一形態素として定義できることです。挿入音素を切り離して「機能接辞」が明確になります。
〇また、可能態や使役態を正確に活用させることができる。
・「やすま・せる」が使役態だと思う人は「やすま・させる」が二重使役になってしまうことに気づかない。
「やすm・φ+as・φ+ase・ru」であることを理解できるように、「-as-/-aser-」を学習しておきたいですね。

★③方式の各共通表記:
受動態共通表記:語幹(r)+are・ru、
使役態共通表記:語幹(s)+ase・ru、
可能態共通表記:語幹(r)+e・ru、
否定形共通表記:語幹(a)+nai、
中止形共通表記:語幹(i)+masu、
終止形共通表記:語幹(r)+u、
仮定形共通表記:語幹(r)+eba、
命令形共通表記:語幹(r)+e、変化形多し

日本語動詞:今泉「研究会」に参加して

2015/11/16
:追記はじめ-
★★→投稿本人注:動詞基幹の名称概念を廃止します。
態接辞にしか通用せず、動詞活用接辞、助動詞接辞などを含めて通用する概
念としては、「動詞語幹+挿入音素+機能接辞」の全体構成から「動詞語幹+挿
入音素」の部分を「機能接辞」と接続するという解釈がよい。
(一般化した「動詞語幹+挿入音素」は子音終わりの基幹形態にならない場合
もあるから)
追記終わり-

2015/11/11(水)

 今年5月~10月に「研究会」に飛入り参入させていただいた。日本語構造伝
達文法を開拓された今泉氏のもとに卒業生などが各自の課題の調査成果を
たずさえて報告披露する。日本語、フォン語、アイヌ語、中国語、韓国語、
などに関する調査成果を先生が逐一質疑・指導されるという進め方です。
調査論文を作成するための考察点や整理方法を助言するような感じです。

 私が披露したのは「態の双対環」態文法です。このブログにも先行して記述
してある以下の各記事、
「態の双対環」質問箱、と質問箱2質問箱3質問箱4質問箱5
可能態と受動態の可能表現の差
を題材にして要点をぬきだして発表しました。

 数回の研究会での反応はほとんど拒絶的でした。日本語教育の現場に立つ
経験者の方からは、「子音語幹と母音語幹の区別をせっかく教えたのに、そ
れをくずしては動詞活用を教えられない」と反論を受けた。
確かに、教師が半信半疑では学習指導ができないでしょう。
 「研究会」からの質疑・助言にはいくぶん手加減があったのでしょう。
「態の全体像を考察するのはよいのだが、いわゆる仮説だらけですから反証
がむずかしい」、「動詞語幹と動詞基幹の2本立て、態活用と動詞活用の2本
立て、複雑な文法だなという印象です」という総括だったかとおもいます。
個々の仮説を吟味することに対して素人の悲しさ、歯がゆいほど不十分な答
えしかできない。
残念ながら、これの繰り返しでしたので、仮説の因って出てくる根拠を十分
に述べきることができなかったと感じています。
今回、とても貴重な経験をすることができました。研究会各位には感謝いた
します。
参加総括のつもりで以下にまとめを記述します。

 現在の学校文法では、動詞活用と態活用をどのように教えているのか。
各種の国語辞典で後尾付録に記述がある『動詞活用表』、『助動詞活用表』を
調べる。
○どの辞典でも『助動詞活用表』の最初欄に「受動、使役」が記述されてある。
・唯一、『岩波広辞苑:第6版』の別冊付録の『助動詞活用表』では「受動、使役
」が表の後尾側におかれてある。不用意なあつかいだ。一方、『岩波国語辞典
:第7版』では「受動、使役」が『助動詞活用表』の最初欄にあるから安心した。
岩波書店の確信的な方針で広辞苑のそれが決ったのではないらしい。
★つまり、国語辞典の大勢が示すように、「態:受動、使役」は助動詞の中でも
最初に動詞と接続、結合するものだという暗黙の法則があると見抜けます。
(この見抜きも仮説ですが、、、)

★今泉喜一『日本語構造伝達文法』の態文法部分では、さらに進んで「動詞活
用表」の中に「態:原因態(使役)、受影態(受動)、許容態(可能)」と「否定:打
消し」を組み入れる文法です。(描写属性の構造に付加する機能に注目して
活用表に編入)

★本ブログ提唱の「態の双対環」では動詞述語で描写する順序については、
さらに進んで、第一に「態動詞生成」をおこない、次に「動詞活用」、「助動詞
活用(態を除く)」へ移行するという文法法則を示してきた。
○態の接辞は「動詞の自他交替の機能」を持ち、自他の動詞語彙の派生で使
 われると同時に、文章内で動詞の態生成にも使われる。と見立てている。
★この「態の生成規則」では、子音語幹、母音語幹にかかわらず、動詞基幹(動
 詞原形の子音語尾まで)に対して態接辞を接続する。
 (と仮説を立てました)
○つまり、帰られる:帰r+are.ru、変えられる;変え.r+are.ruと受動態は
 同形並びとなり、使役態では、帰らせる:帰r+ase.ru、変えさせる:変え.s
 -ase.ruとなります。
○母音語幹の基幹部分は、変え.r-、変え.s-のように使役系との往復で
 「r/s交替」が必要なので、母音語幹か子音語幹かの判定識別法に適用でき
 ます。
○「態の双対環」では、
・可能態:-e.r-、結果態(文語受動態):-ar-、受動態(結果+可能):-are.r-、
・強制態(文語使役態):-as-、使役態(強制+可能):-ase.r- を基本要素
 として使い、
・能動系の「態の双対環」、強制系の「態の双対環」、使役系の「態の双対環」を
 提起しました。
 (態の動詞基幹を扱う場合:可能接辞の表記は-e-でなく、-e.r-、または
 -e.s-とします)
○「態の双対環」で動詞基幹の概念に従えば、見れる:見.r-e.ru、食べれる
 :食べ.r-e.ru、食べさせれる:食べ.s-ase.r-e.ru、などを文法的に可能
 態として正当化できます。
・また、江戸期に、子音語幹の「す」語尾動詞(他動詞に多い)が受動態・渡され
 る:渡s-are.ruの形態では可能意義を想起できないため、渡せる:渡s-e.ru
 と可能接辞に移行してきた歴史を正式に「可能態」として文法的位置付け
 をして伝承できます。
〇「態の双対環」になじめるようになったら、動詞単語に組み込まれた「態の
 要素」にも、構文内の「態動詞」にも理解が深まり、学習指導もしやすくなる
 でしょう。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ