« 態文法:態接辞の意味を理解する(8) | トップページ | 態文法:可能態と受動態の違い »

2016/12/13

ちょっとこれ、なに商法なんですか

2016/12/13(火)

 先日の日曜日の午前中、電話がかかってきた。相手の声は男性50~60代か?
「東京の広報堂の××と申します。・・・〇〇社からご出版なさったご本を読ませて
いただき感銘しました。・・・△△新聞の・」
 「広報堂?どなたと言いましたか?」
「東京の広報堂の××です」
 「さんずいの××ですか」
「そうです。△△新聞の特集ページで22名様枠で紹介記事を掲載させてい
ただきたいと思いまして、〇×先生のご本を広くご紹介できればと・・・」
 「先生ではないよ!」
「失礼しました。・・〇×様のご本の紹介を8cm×9.5cmの大きさで・・・」
 「・・・(内心:実際には実物の本を読んでいないと分かる)・・・」
「くわしく記事をコピーライターが作成しまして掲載します。20万ほどですが、
掲載後にお願いすることに・・・」
 「それはお断りだね。まあ2~3,000-ならともかく・・・」
「・・はあ。」
 「はっは、は、は、」
「はあ、は、はあ、h」
ということで電話を切った。

 後味のよくない電話であったので、「広報堂」をネット検索してみた。
やはり、実在の広報堂という会社があり、「44名枠で24万」勧誘話での被害?電話
の例もあるようだ。電話ばなしは何が本当か突き止めにくい。
電話の話は相手のペースに乗らずに、ときどき混ぜっ返すように「後戻り」させる
と、自分が冷静に成れて作戦が立てやすくなる。

« 態文法:態接辞の意味を理解する(8) | トップページ | 態文法:可能態と受動態の違い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

日本語文法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとこれ、なに商法なんですか:

« 態文法:態接辞の意味を理解する(8) | トップページ | 態文法:可能態と受動態の違い »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ