« 態文法:形状動詞の派生と挿入音素 | トップページ | 態文法:[挿入音素]が語幹・接辞の連結役 »

態文法:動詞形(未然/已然)と挿入音素

2017/04/12(水)

1.四動詞形の概念:(清瀬本:派生文法)
 派生文法では膠着語である日本語は動詞が活用するのではなく、接尾辞が連結
して派生するのだと見做す。
->自立語には「動詞/非動詞」の別あり、従属語には「接尾辞/助辞」の別あり。
->動詞には「動作動詞/形状動詞」の別があり、四動詞形「終止形・連体形・連用
  形・命令形」が構文上の形態種別と見做す。
  (学校文法の活用語尾概念は捨て、未然形、仮定形は連用形に包含する。)
->接尾辞には「名詞接尾辞:格接尾辞と繋辞/動詞接尾辞:文法接尾辞と派生接
  尾辞」の別がある。
-?>命令形は、子音語幹に-e-接尾辞が付き、母音語幹に-ro-接尾辞が付き、
  特定の動詞形:結果態の「なさる、いらっしゃる、おっしゃる」などは語尾(r)
  に-i-接尾辞が付いて「なさ(r=Ø)i、いらっしゃい、おっしゃい」となる。
  禁止の命令形は、-(r)una-接尾辞が子音、母音語幹に付く。
-?>前望態の否定を意味する-mai-接尾辞は、-(u)mai-と連結母音(u)を付
  けて、「話すまい:hanas-umai」、「食べまい:tabe-mai」を派生する。
-?>「書くと、すぐ分かった」OK、「書いたと、すぐ分かった」NGであり、
  「見ると、すぐ分かった」OK、「見たと、すぐ分かった」NGである。
  (文法的にNGの理由を十分に説明していない。自分の見聞き動作で分かった
   のか、他人の動作だと分かったのかという意味の違い?)
-?>別例で派生接尾辞と助辞を比べた箇所がある。
 ・「ここに残ろうと:(y)ooto-残るまいと:(u)maito-好きにするがよい」
  (両方とも派生接尾辞とみる)
 ・「泥棒は逃げよう:(y)oo-とした」(この「と」は引用の助辞であり、別構造)
<-
 
〇ここで、-?>の疑問に対する当方の考察を以下に記述する。
★命令形:全国の方言を推測すると、母音語幹でも「見れ、食べれ」形態がある?
 から、最適な[挿入音素:r]を付けた「書け:kak[rØ]e、食べれ:tabe[r]e/
 食べろ:tabe[r]o」が派生できるだろう。
〇つまり命令形一般式=D[r]e/o、を推奨できる。
 禁止命令形一般式=D[r]una、は、そのまま推奨できる。
★否定前望態は、「話さまい/話すまい」、「食べまい/食べるまい」のように、2つ
 以上の形態があるはずです。(浜松の「やらまいか精神」の言葉が思い浮ぶ)
・否定前望態の派生一般式=D[a]mai、の通常派生形態と、
・連体形との連結派生一般式=D[r]u・mai←D[r]u・[a]mai、の連体派生形態の
 二通りの派生方法を採用すべきだろう。
★清瀬本:「書くと:kak(r)uto」の-(r)utoは開放条件の派生接辞と定義あり。
 「書いたと:kak(i)ta・to」の-(i)tato:は何も定義なし。なぜ扱いが異なるのか。
〇「(r)uto」を派生接尾辞に含めるなら、完了態:(i)tato、前望態:(y)ootoも
 当然、派生接尾辞に含めるべきです。
・その反面、「と」を派生接尾辞に限定してしまい、共通形態である「引用の接続助
 辞:と」の機能を切り離すのは不利益が多いだろう。
・やはり、連体形の後続連結(連体形修飾)に対する文法則を働かせるほうが最善
 策でしょう。

 さて、四動詞形に絞り込むことには反論したい。学校文法の動詞活用には大き
な錯誤があるが、よい部分は汲み上げて残したい。

2.六動詞形と挿入音素:(「態の双対環」文法)

->当ブログの態文法では、学校文法にある「六動詞形:未然形・連用形・終止形・
  連体形・仮定形(已然形)・命令形」を一応の基礎にする。
★「六動詞形の並び順」に込められた「動作事象の生起局面の順」を感得できる
 から、並び順自体が大切な法則です。つまり、動詞のアスペクト感が明瞭です。
->江戸期(本居春庭?)に工夫があり、大局的な動作事象のアスペクトを目に見
 えるように企画して、「六動詞形の並び順」を規定したのだと推察する。
・自立的な語形を持たない「未然形、仮定形」だからと言って、連用形の部類に入
 れてしまうのは勿体ないです。

★もしも昔に戻れたら提起したい「未然形/已然形」の条件接辞がある。
 条件接辞に未然形:-aba、已然形:-ebaを 復活させ、
 否定の条件接辞に未然形:-naba、已然形:-nebaを 復活させたい。
・前提条件:D[r]aba→書かば:kak[]aba/食べらば:tabe[r]aba、(未然形)
・確定条件:D[r]eba→書けば:kak[]eba/食べれば:tabe[r]eba、(已然形)
・否定前提:D[a]naba→書かなば:kak[a]naba/食べなば:tabe[]naba、
・否定確定:D[a]neba→書かねば:kak[a]neba/食べねば:tabe[]neba、
〇未然形の挿入音素を[a]だと固定する必要はない。母音語頭の接辞に対して
 挿入音素は[r]になるのが通例です。(使役系接辞には挿入音素:[s]です)
・強制前提条件:D[s]as[]aba→:kak[]as[]aba/:tabe[s]as[]aba
・強制確定条件:D[s]as[]eba→:kak[]as[]eba/:tabe[s]as[]eba
・否定強制前提:D[s]as[a]naba→:kak[]as[a]naba/:tabe[s]as[a]naba
・否定強制確定:D[s]as[a]neba→:kak[]as[a]neba/:tabe[s]as[a]neba
・否定使役前提:D[s]ase[]naba→:kak[]ase[]naba/:tabe[s]ase[]naba
・否定使役確定:D[s]ase[]neba→:kak[]ase[]neba/:tabe[s]ase[]neba

★今、提起するのは、既然・已然形:-e[r]u(可能態)を定着すべしということ。
 已然形→可能態:D[r]e[r]u→書ける:kak[]eru/食べれる:tabe[r]eru 。
(なお、結果態:D[r]ar[]u→書かる:kak[]aru/食べらる:tabe[r]aru、
 の -ar-接辞は「動作結果が:ある、在る、有る」の意味であり、未然ではない)
〇文語文法では、D[r]e[r]]uの一般式:挿入音素の概念が不足していた。

・日本語の動詞は機能接辞を付ければ、派生変身して可能態動詞のように巣立っ
 てしまうのが当り前です。だから、未然形、已然形に自立形態がなくても意味
 機能に未然、已然があれば十分でしょう。
・また逆に、巣立ってしまった可能動詞に已然形・既然形の深層構造を感じとる
 感性も日本人にはまだ残っています。大事な感性です。
 (「a」音に未然、「e」音に已然・既然、の感覚を呼び起すのは、六動詞形の一覧表
  に慣れ親しんできたからなのか、下一段化に「e」音が果した深層構造が利いて
  いるのだろうか)

« 態文法:形状動詞の派生と挿入音素 | トップページ | 態文法:[挿入音素]が語幹・接辞の連結役 »

態文法」カテゴリの記事

日本語文法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102259/65140418

この記事へのトラックバック一覧です: 態文法:動詞形(未然/已然)と挿入音素:

« 態文法:形状動詞の派生と挿入音素 | トップページ | 態文法:[挿入音素]が語幹・接辞の連結役 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ