« 態文法:可能態の謎が解けた!? | トップページ | 態文法:「ク語法」を現代的に解釈する »

態文法:発見!挿入音素と機能接辞の同源性

2017/05/17(水)

 もう一つ大きな発見ができました。
最近、態文法:形状動詞の派生と挿入音素、で記述したように、
挿入音素の考え方を整理しています。
〇そこで、発見しました。簡略的に記載する。
->記事引用:態文法:形状動詞の派生と挿入音素、(下地を記述)
 「態の双対環」文法で、子音の[挿入音素]に採用したものは、
  [r]:自律動作を意味する動作接辞に前置させる。(自他動詞ともに適用)
  [s]:律他動作を意味する動作接辞に前置させる。(強制、使役に適用)
  [y]:自分他人ともに動作を促す接辞に前置させる。(前望、意向に適用)
  [k]:有情他者に対し忖度しない動作表現にするため接辞に前置させる。
  (例:寝[k]as[]u/騙す・騙[k]as[]u/笑わす・笑[k]as[]u/はぐる・はぐら
   す・はぐら[k]as[]u/散らす・散ら[k]as[]u・散ら[k]ar[]u、など結果状
   態のみを求める如きの動作)などがある。
  他に音便表記の[I][Q][N][¥]、母音の[a][i]の[挿入音素]を定義した。
<-引用おわり

★機能接辞と挿入音素との同源的完全一致の姿を発見できたのです。
・結果態接辞:-ar-:  ・・・・  挿入音素:[r]:自律動作(自他動詞ともに適用)
・強制態接辞:-as-:  ・・・・  挿入音素:[s]:律他動作(強制、使役に適用)
・古語可能接辞:-ay-: ・・・  挿入音素:[y]:互律動作(前望、意向に適用)
・古語ク語法接辞:-ak-: ・・ 挿入音素:[k]:無律様態(形状動詞、無律動詞)
〇D[y]oo:書こう、見よう:主体相互に自律動作を呼びかける用途に適する。
〇K[k]a(r=[Q])ta:美しかった、強かった:無律(意思なし)の動詞化。
〇D[r]ak[]u:曰く、すべからく、老いらく:無律無意思での動作様態。
 ・笑わす:他が意識して笑うように仕向ける。に対して無律状態を想定した上
 ・笑かす:wara・k・asu←waraw・ak・asu:無意識の笑いを仕掛ける。
 ・たぶらかす:←tabur・ak・asu←tabur・aku←taburu:たぶるを無律化。
 ・思惑:←omow・aku←omou:思うを無律化。

★現代では、挿入音素:[y]は[y]ooの形態でしか使われないようだが、
 ・探そう:sagas[yØ]oo、渡そう:watas[yØ]oo、写そう:utus[yØ]oo、
 ・例外で、でしょう:des[y]oo、ましょう:mas[y]oo、に対しては発音識別が
  優先されている。(出そう、増そうと区別できる)
★挿入音素:[k]には、形状動詞化(ク活用)や動名詞化(ク語法)の機能接辞とし
 て古来より研究対象になっていたが、明解な解釈ができないでいた。
〇当ブログ「態の双対環」文法では、すべての用言が接辞で派生すると徹底して
 考えた。しかも、基本方程式に「語幹+[挿入音素]+接辞」を据えたので、適切な
 挿入音素を設定すれば一般式(子音語幹/母音語幹どちらにも対応する式)表現
 が可能となります。
〇形状動詞の一般式=「形容詞語幹+[k]+接辞」となるはずだと考えて、思考実
 験した。その上で、挿入音素:[k]とク語法接辞:-ak-の意味が深層でつながっ
 ているのだと見通すことができた。
★用言を使い動作などを表現する際に、動作の意図や対向方向を組み入れた発話
 であると理解しやすい。
 ・子音語幹用言では、[子音の挿入音素]を発話しないから機能接辞のみにより
  動作の律仕方を感じとることになる。
 ・母音語幹用言では、[挿入音素:r/s/y/k]の一つが発話で選択され、機能接
  辞と組み合されて動作の律仕方を感じとる。
〇律仕方とは、
 ・[r]:自律動作→動作主体自身が意図し制御する動作。自動詞と他動詞。
 ・[s]:律他動作→主体が対他へ自律動作を指示する行為。対物なら主体の他動詞。
 ・[y]:互律動作→主体または対他に共に自律動作を呼びかける行為。
 ・[k]:無律動作→動作制御のない事象状態(形容詞動詞化など)を派生する。
  特に、D[k]as[]uの形式で「対他の自律を無律化する」意図を含んだ誘導他動
  詞が派生できる。
  (笑かす:wara[k]asu←waraw・ak・asu←waraw・asu←warau)
〇機能接辞や[挿入音素]で動作・行為の律仕方を表現する言語は世界中に各種存
 在するのではないだろうか。日本語もそういう機能を持った言語である。

« 態文法:可能態の謎が解けた!? | トップページ | 態文法:「ク語法」を現代的に解釈する »

態文法」カテゴリの記事

日本語文法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102259/65290474

この記事へのトラックバック一覧です: 態文法:発見!挿入音素と機能接辞の同源性:

« 態文法:可能態の謎が解けた!? | トップページ | 態文法:「ク語法」を現代的に解釈する »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ