« 態文法:態の全体像を把握する3 | トップページ | 態文法:已然の-e-と可能の-e[r]u- »

態文法:態・用言の派生を流れ図で一覧する

2017/06/22(木)

 日本語の用言:動詞、形状動詞、名詞・形容名詞の活用派生の方法を全体的に
一覧できるように「流れ図」形式で表現してみました。
〇「態の双対環」文法では、動詞語幹+[挿入音素]+機能接辞という基本から、さ
 らに一歩進める考え方で、
・汎用一般式=動詞語幹+[挿入音素]+機能接辞語幹+[挿入音素]+機能接辞
 語幹+・・・を提起するところまで来ました。
〇「流れ図」形式で動詞派生を説明しようと最初に試みたのは、
 国広哲弥:『日本語学を斬る』:研究社:2015年1月30日初版の後尾、あとがき前
 に、ささやかな流れ図:「tabe」一語のみの「動詞語尾の屈折体系」が載っている。

 これに興味を持ち、いつか全体の派生構造が一覧できる「流れ図」を作りたいと
思っていたので、御覧いただきたい。少しばかりくどい表現形式ですから、慣れ
るまでには、時間がかかるかもしれません。

Tainagarezu_2

 日本語学習者にとってこの「流れ図」に親しみながら、動詞の基本4構文:辞書形、
マス形、テ形、ナイ形を覚えていくと理解が早いのではないだろうか。

〇態動詞の派生については、初級でなくて中級程度での教程となるでしょう。
「流れ図」により、原動詞からの派生順序の第一が態派生であると分かります。
それ以降の動詞派生は、原動詞と派生態動詞が併存します。
〇つまり、態接辞の優先順位が高く、動作構造に関与する機能が高いことが「流
れ図」の最初の部分ではっきりと表現されてあります。


« 態文法:態の全体像を把握する3 | トップページ | 態文法:已然の-e-と可能の-e[r]u- »

態文法」カテゴリの記事

日本語文法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102259/65445070

この記事へのトラックバック一覧です: 態文法:態・用言の派生を流れ図で一覧する:

« 態文法:態の全体像を把握する3 | トップページ | 態文法:已然の-e-と可能の-e[r]u- »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ