« 態文法:態の全体像を把握する | トップページ | 態文法:態の全体像を把握する3 »

態文法:態の全体像を把握する2

2017/06/08(木)

 動詞、形状動詞などの「活用」は、本来の膠着語の文法則に従えば「接辞を追加
膠着させて機能を順次派生させること」に相当する。
・動詞「派生」には、以下のような段階があり、「派生」に「派生」が重なっていく。
①自他交替「派生」:動詞語幹に接辞を付加して自動詞、他動詞を派生する。
②態「派生」:動詞語幹に接辞を付加して動作、被動作の向い先(対向関係)を交替
 する派生をさせる。(①、②の動詞派生は、単語生成の機能です)
③相「派生」:動詞語幹に接辞を付加して動作の進捗描写(構文機能)を派生する。
④助動詞「派生」:動詞語幹もしくは「相派生の特定相」に接辞を付加して動作の進
 捗描写(構文機能)を補強派生する。
〇動詞(用言)は「活用する」のではなく、「機能接辞により派生する」のだ。
 (清瀬義三郎則府:『日本語文法新論-派生文法序説』:桜楓社:1989年、
 『日本語文法体系新論―派生文法の原理と動詞体系の歴史』:ひつじ書房:
 2013年、)
・清瀬本で提起された「文法新論-派生文法」の原理と、「ほぼ等価の派生方式」を
 当ブログの「態の双対環」態文法では提案しています。

〇まずはじめに、「態の双対環」態文法が有利な点をしめします。
・動詞(用言)の派生を汎用式で書き表わせます。[挿入音素]の概念が有利です。
 汎用式=動詞語幹+[挿入音素]+機能接辞語幹+[挿入音素]+機能接辞語幹・・・
・「態の双対環」文法では、上記の①自他交替派生、②態派生に使う機能接辞群を
 単語生成接辞と見なし、汎用式の初段階で使います。
 ③相派生、④助動詞派生に使う機能接辞群を構文機能接辞、助動詞接辞だと見
 なします。(どちらも派生の方法は汎用式に従い③、④の順に連結します)
★「態の双対環」を一般式で表記する。動詞語幹をDでしめす。
〇能動系の場合:D[r]u/D[r]e[r]u/D[r]ar[]u/D[r]ar[]e[r]u、
 動詞例:kak[r=0]u/kak[r=0]e[r]u、(書く/書ける、)
 /kak[r=0]ar[]u/kak[r=0]ar[]e[r]u、(/書かる/書かれる、)
 動詞例:mi[r]u/mi[r]e[r]u、(見る/見れる、)
 /mi[r]ar[]u/mi[r]ar[]e[r]u、(/見らる/見られる、)
〇D=kak:子音語幹/D=mi:母音語幹の両方に対して、共通一般式で概念表記
 できるのです。(書ける、見れる、が共に派生成立するのが公平です)
★機能接辞が真に強い有用性を持つならば、母子両語幹の動詞で区別なく機能を
 派生できることが公平な文法則と言えるのです。
 ([挿入音素]という公平な連結音素を導入したので、母子両語幹に公平になり
 ます)
〇「態の双対環」の強制系、使役系については、挿入音素:[s]をはさむ。
・強制系:
 D[s]as[]u/D[s]as[]e[r]u/D[s]as[]ar[]u/D[s]as[]ar[]e[r]u
・使役系:D[s]as[]e[r]u/D[s]as[]e[r]e[r]u/D[s]as[]e[r]ar[]u
 /D[s]as[]e[r]ar[]e[r]u
 (ここでは説明を割愛)

 つぎに、動詞文用法の派生について概観する。
★相派生:学校文法で動詞活用と呼ぶものを「相派生」だと見なします。
 動詞構文を作るための基本形式が、未然・連用・終止・連体・仮定(已然)・命令で
 しめせる。(動詞単語生成でなく、その動詞を使って動作進捗を描写します)
・一般式:D[a]na[k=0]i/D[i]mas[]u/D[r]u/D[r]u-/D[r]eba/D[r] (e/o)
 動詞例:kak[a]nai/kak[i]masu/kak[r=0]u(書かない/書きます/書く)
 /kak[r=0]eba/kak[r=0]e、(書けば/書け、)
 動詞例:mi[a=0]nai/mi[i=0]masu/mi[r]u(見ない/見ます/見る)
 /mi[r]eba/mi[r]o(見れば/見ろ)
〇命令:D[r]e/o:書け/見ろ、のほか、母子両語幹ともに「書け/見れ」という
 形態がありえます。一般式はそのことにも対応できる。

・相派生の一般式としては、現実的にもう一つの形態があります。
 文語体の時代で「態の双対環」が確立していれば、条件接辞:aba:未然、/eba:
 已然が使われて、未然:D[a]baではなく、未然:D[r]abaとなったはず。
★一般式:未然:D[r]aba/已然:D[r]eba、が現在まで形を残したかもしれない。
 打消し条件では、D[a]na[k=0]iに後付けて、
★D[a]na[k]ar[]aba:書かなからば/見なからば、(打消し未然条件)
★D[a]na[k]ereba:書かなければ/見なければ、(事前打消し已然条件)
 が現在でも理論上は使えるはずです。
また、naiを派生させるのは形状動詞の派生と同じですから、
★形状動詞の条件法一般式:形容詞語幹:Kとして、
 K[k]araba:美しからば、早からば、強からば、寒からば(未然仮定条件)
 K[k]ereba:美しければ、早ければ、強ければ、寒ければ(已然確定条件)
と応用できる。
・形状動詞の相派生を一般式で表すと、
★K[k]ar[y=0]oo/K[k]u・/K[k=0]i/K[k]ereba、
 形状動詞例:早かろう/早く・ない、・ても、/早い、早い・時間/早ければ、
 となる。
 語幹と接辞の間には、必ず挿入音素をはさむという原則を[k]で果します。

 前回の古語ク語法接辞:-ak-:は平安期以降の使用例が少ないようだが、誤用
例も多いらしい。
★当時に[挿入音素]の概念があったならば、
・一般式:D[r]ak[]u、であるから、[挿入音素]の顕在/潜在を正確にすると、
 例:曰く:iw[r=0]ak[]u/老いらく:oyur/oir[r=0]ak[]u
 /願わく:negaw[r=0]ak[]u、など正しい発話操作ができるが、
・古き時代では、「く/らく」を未然、連体などに付加するという法則に留まって
 いたから、
 誤用例:×望むらく:nozom[r]ak[]u→〇望まく:nozom[r=0]ak[]u、
 ×惜しむらく:osim[r]ak[]u→〇惜しまく:osim[r=0]ak[]u、
 ×疑うらく:utagaw[r]ak[]u→〇疑わく:utagaw[r=0]ak[]u、
 など誤用(連体形に[r]ak-付加の誤用)が広がり、逆に〇印の正解用法(子音語
 幹+[r=0]+ak-付加が正解)がなじまなかったのだろう。

 [挿入音素]の概念が現代でも広まっていないのは残念です。
真に必要な機能接辞ならば、母子両語幹に公平に派生するべきで、[挿入音素]は
そのための鍵になります。なんとか早く普及したいものです。
(つづく)

« 態文法:態の全体像を把握する | トップページ | 態文法:態の全体像を把握する3 »

態文法」カテゴリの記事

日本語文法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102259/65384939

この記事へのトラックバック一覧です: 態文法:態の全体像を把握する2:

« 態文法:態の全体像を把握する | トップページ | 態文法:態の全体像を把握する3 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ