« 態文法:「ずる・ずらく・ずらかる」の派生 | トップページ | 態文法:動詞派生の一般法則 »

態文法:動作を律する法則

2017/07/14(金)

 (態文法:発見!挿入音素と機能接辞の同源性で記述した肝心点を詳述する)
 動作事象をどのように把握して態動詞を派生するのか、考え方を整理した。
1. 態動詞の派生一般式=動詞語幹:D+[挿入音素]+態接辞(+[r]u)
〇能動系「態の双対環」での律仕方:
①原形態:D[r]u    :挿入音素:[r]:自律動作の意(自・他動詞での自律動作)
②可能態:D[r]e[r]u :可能接辞:-e-:互律動作の意(なる/なす両義、已然)
③結果態:D[r]ar[]u :結果接辞:-ar-自律・受動の両義(動作結果ありの意)
④受動態:D[r]are[r]u:受動接辞:-are-自律・受動・互律の意(已然感あり)
〇強制系「態の双対環」での律仕方:
⑤強制態:D[s]as[]u:挿入音素:[s]:律他動作の意(他動詞:[S]uruに由来)
 →強制接辞:-as-動作を他者にやらすの意(他者の自律動作としてやらす)
・強制可能態:D[s]ase[r]u、強制結果態:D[s]as[]ar[]u、強制受動態:D[s]as
 []are[r]u、:律他動作に互律、受動、の意が連結される。
〇使役系「態の双対環」での律仕方:
⑥使役態:D[s]ase[r]u:使役接辞:-are-律他・互律(自律)の意(他者にやらせ
 、気も使う。介助的互律なら、律他・自律の意となる)
・使役可能態:D[s]ase[r]e[r]u、使役結果態:D[s]ase[r]ar[]u、
 使役受動態:D[s]ase[r]ar[]e[r]u、:律他・互律・受動の意が連結される。

★互律動作の概念を整理する。
〇互律動作(自律動作との連結:複主語構文ができる)
 已然の概念を持つ可能接辞:-e-は、自律動作が進行する状態を呼び起こす
 から、主体の動作進行と同時に事象の進行(客体の進行)の両面を描写すること
 になる。(複主語構文は動作の互律だけでなく、対象の属性、状態の説明のため
 の形式「~は~が~だ構文」として多種類のものがある)
例:彼は英語が話せる。彼は旅行が行けるようになった。
  (互律動作だから、複主語構文が可能になる)
例:彼は納豆が食べれない。(彼は納豆が食べない、とは言えない)
〇互律動作(律他動作との連結:自律動作の付加と見なす)
 律他動作に已然が連結しても他者の已然でなく、主体自身の已然に見立てられる。
例:彼は生徒に英語を話させれる。
 (可能なのは彼であり、生徒にも英語にも態表現を変えるほどの手助けが届か
 ない)

2. その他の態接辞や[挿入音素]から派生する動詞
〇互律動作に近い意味を持つ:
・前望態:D[y]oo :挿入音素:[y]:あえて互律動作に立てる(呼掛け誘導効果)
 →古語可能接辞:-ay-の名残り(行こう、見よう、など相互に自律呼掛けでき
 る。動詞活用枠を拡大して「未然形」と捉える立場もある)

〇無律化するための接辞、挿入音素を導入する動詞
①形状動詞の一般式=形容詞語幹:K+[挿入音素:k]+ar形式接辞で派生する。
・終止形:K[k=0]i:haya[k=0]i/tanosi[k=0]i:無律の性状陳述。
 →挿入音素[k]は当ブログで提起した。律する動作でなく性状・事象の概念化。
・未然、連用形:K[k]u、K[k]ute、:haya[k]u・na[k=0]i(速く・ない)
・仮定形:K[k]ereba:haya[k]ereba、tanosi[k]ereba、
・現在形(九州弁):K[k]a(r=0):早かぁ、楽しかぁ、(共通語:終止形)
・完了形:K[k]a(r=0[Q])ta:早かった、楽しかった、
・前望形:K[k]ar[・/y]oo:早かろう、楽しかろう。
②動詞の無律化名詞の一般式=D[r]ak[]u。(古語から廃れて久しいが、、、)
・曰く:iw[]ak[]u、老いらく:oyu[r]ak[]u、
③動作を無律化したのち再動詞化して律仕方を変化させる。
・無律他動詞化の一般式=D[r]ak[]as[]u(現在でも使われる)
・無律事象動詞化の一般式=D[r]ak[]ar[]u(現在でも使われる)
・散る→ちらく→散らかす:tir[]ak[]as[]u、(無律の他動詞化→自律他動詞)
・→散らかる:tir[]ak[]ar[]u、(無律の出来事陳述化)
・笑う→わらわく→笑わかす:waraw[]ak[]as[]、
・→笑かす:wara(w[]ak[])as[]→wara[k]as[]u、
 (省略が働き、-ak-が[k]に転換した)
・寝さす→寝かす:ne[k]as[]u(赤児には無律他動詞で寝かせるのが妥当だ)。

以上。

« 態文法:「ずる・ずらく・ずらかる」の派生 | トップページ | 態文法:動詞派生の一般法則 »

態文法」カテゴリの記事

日本語文法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102259/65533417

この記事へのトラックバック一覧です: 態文法:動作を律する法則:

« 態文法:「ずる・ずらく・ずらかる」の派生 | トップページ | 態文法:動詞派生の一般法則 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ