« 態文法:解説1:派生一般式 | トップページ | 態文法:解説3:一般式で汎用派生する »

態文法:解説2:学校文法最大の欠陥点

2017/08/14(月)

 膠着語である日本語の動詞(などの用言)は、動詞「語幹」に「機能接尾辞」を順次
「連結していく」ことで新しい意味を「派生」する。
〇「学校文法最大の欠陥点」は、「ひらがな解析」で動詞派生を不精確に解釈する
 から、その中でも、最大の悪影響が「態の接辞連結」の解釈において発生する。
実例1:受動態一般式:D[・/r]are[r]u、が精確な連結解釈である。
 読まれる:YOM[]are[r]u、見られる:MI[r]are[r]u、両者ともに接辞-are-
 が正しく解釈できる。
実例1:学校文法では、未然形に受動の助動詞を連結する、と解釈して、
 読ま+れる:よま・れる、:-a:未然形にあてる/reru:助動詞で残る。
 見+られる:み・られる、:-rareru:助動詞で残る。
 (当然、助動詞としての原意は不問になるが、受身、可能、自発、尊敬の用法だけ
 を説明する。同一意味の助動詞が2つの形態:異形態となるのは不自然だ)
実例2:使役態一般式:D[・/s]ase[r]u、が精確な連結解釈である。
 読ませる:YOM[]ase[r]u、見させる:MI[s]ase[r]u、両者ともに接辞-ase-
 が正しく解釈できる。
実例2:学校文法では、未然形に使役の助動詞を連結する、と解釈して、
 読ま+せる:よま・せる、:-a:未然形にあてる/seru:助動詞で残る。
 見+させる:み・させる、:-saseru:助動詞で残る。
 (当然、助動詞としての原意は不問になるが、使役の用法だけを説明する。
  同一意味の助動詞が2つの形態:異形態となるのは不自然だ)
実例3:可能態一般式:D[・/r」e[r]u、が精確な連結解釈である。
 読める:YOM[]e[r]u、見れる:MI[r]e[r]u、両者ともに接辞-e-が正しく
 解釈できる。(本来、可能態は子音末/母音末語幹の両動詞で派生可能だ)
実例3:学校文法では、-e-音の助動詞を「未然形に連結と言えない」から、可能
 態として扱えなかった。
 読+める/読め+る:区切りもできず、一括で「読める:可能動詞」と見なした。
 見+れる:区切りが的確にできるのに、なぜか態動詞と見なさなかった。
 (学校文法では-e-、-e[r]u-の接辞を説明できないでいる。文語時代では、
 -e-音を已然形にあてて使いこなしたから、下二段、下一段の動詞派生ができ
 たはずだと推測する)

〇「学校文法の欠陥点」でも、機能接辞の語頭が「子音始まり」であれば、悪影響が
 現れない。
実例4:打消派生の一般式:D[a/・]na[k=0]i、
 読まない:YOM[a]na[k=0]i、見ない:MI[・]na[k=0]i、両者ともに
 接辞-nai-が正しく解釈できる。
実例4:学校文法の「ひらがな解析」は、子音始まり接辞を分断した解釈にならな
 いので、接辞の異形態が生じない。(未然形の付加音[a/・]が暗黙に作用する)
 読ま+ない:よま・ない、見+ない:み・ない、(「ない」同一形態で意味も分かる)
実例5:希望派生の一般式:D[i/・]ta[k=0]i、
 読みたい:YOM[i]ta[k=0]i、見たい:MI[・]ta[k=0]i、両者ともに
 接辞-tai-が正しく解釈できる。
実例5:学校文法の「ひらがな解析」は、子音始まり接辞を分断した解釈にならな
 いので、接辞の異形態が生じない。(連用形の付加音[i/・]が暗黙に作用する)
 読み+たい:よみ・たい、見+たい:み・たい、(「たい」同一形態で意味も分かる)

〇「学校文法の派生法則の功罪」
 学校文法の「ひらがな解析」は不精確であるが、実例4、5のような動詞派生の場
 合では結果的に悪影響を生じない。
実例6:学校文法で用いる「動詞活用表」を詳しく調べる。
 動詞派生を(精確な)一般式で表記する。(未然・連用・終止連体・仮定・命令)
★D[a/・]nai,D[i/・]masu,D[・/r]u,,D[・/r]eba,D[・/r]e/o,
  ↑[挿入音素]+接辞の形式で記述してあるので、子音・母音語幹の両動詞に
 対応した「活用表」である。(つまり、四段活用も一段活用もこれ1行で示せる)
・学校文法では、「あ-い-う、う-え-」の並びに注目させる。本来、注目すべきは
 「[挿入音素]の並び」のほうである。
→[a/・]-[i/・]-[・/r]-[・/r]-[・/r]-[・/r]:子音接辞と母音接辞との連
 結では様相が違うことに気づくべきだった。(「あ・い・う・え並び」は錯覚だ)

〇文語文法では、「住まば都、住めば都」の対句があった。
 未然形前提条件:住まば→SUM[・/r]aba、と今ならば解釈できる。
 已然形確定条件:住めば→SUM[・/r]eba、と今ならば解釈できる。
 当時は、住まば→SU[Ma]ba、住めば→SU[Me]ba、と解釈していたから、
 一段活用動詞には適用できないでいたのだろう。
つまり、未然形でも母音接辞に対しては、[挿入音素]を[・/r]で対応すべきなの
だ。([・/r]のほか、[・/s]、[・/y]、[・/k]、などもある。別稿で記す予定)
〇「態接辞はすべて母音始まり」だから、[挿入音素]は必ず[・/r]、[・/s]、、で
 ある、と法則化するだけで「学校文法の欠陥修復」が直ちにできるだろう。
 もちろん、「ローマ字つづり解析」を基礎に整理しなおすべきなのは自明である。

« 態文法:解説1:派生一般式 | トップページ | 態文法:解説3:一般式で汎用派生する »

態文法」カテゴリの記事

日本語文法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102259/65662307

この記事へのトラックバック一覧です: 態文法:解説2:学校文法最大の欠陥点:

« 態文法:解説1:派生一般式 | トップページ | 態文法:解説3:一般式で汎用派生する »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ