« 態文法:3×3マトリクスで整理する1 | トップページ | 主要見出し一覧: »

態文法:3×3マトリクスで整理する2

態文法:3×3マトリクスで整理する2
2019/01/10(木)
_fohe3nk

_f5fd5sw

  ↑態の基本枠組を「態の双対環」と名付ける。
  ②可能態:e[r]と③結果態:arの対向関係を「態の対向」に加えるのが当態文法
   の特徴です。 (文語文法の使役:as(強制)、受動:ar(結果)とともに、近世の
   已然:e[r](可能)も基本枠組に加えている)
  〇接辞:e[r]は、自他交替の解釈において、「動作完遂して到達する状態」を想
   定すれば、自動詞が他動詞へ交替し、他動詞が自動詞へ交替する両方向機能
   に見えるのです。だから、深層の意味:「動作完遂」機能を表すと解釈する。
  ・また、‐reru:自発的(物理法則に破綻しない)、‐seru:介助的(見せる、着せる
   、乗せる:互律動作)などの意味が完遂動作の途中で付随する。
  〇可能態:e[r]は、動作完遂・合理・互律を一つに丸め込んだ概念なのである。

« 態文法:3×3マトリクスで整理する1 | トップページ | 主要見出し一覧: »

態文法」カテゴリの記事

日本語文法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102259/67576136

この記事へのトラックバック一覧です: 態文法:3×3マトリクスで整理する2:

« 態文法:3×3マトリクスで整理する1 | トップページ | 主要見出し一覧: »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ