« 態文法:「動詞の構造」再発見 | トップページ | 態文法:「態派生の構造」再発見 »

2019/02/24

態文法:[挿入音素]の構造

態文法:[挿入音素]の構造
2019/02/24(日)
 2.[挿入音素]の構造:一般形式表記を目指して
  日本語の単語は密結合する場合、子音連続や母音連続を避ける特徴があり、
 特に動詞派生では、動詞語幹[挿入音素]接辞語幹のように語幹の間に[挿入
 音素]が挟まる構成で、発声しやすい音節化を実現させている。
 ・[挿入音素]の構造は、連結時の子音や母音の同種音連続を避けるために、「単
  音素の挿入」が必要であると同時に、異種音連結の場合には直接連結でよいの
  で、「無音挿入」でなければならない。
 ①[挿入音素]の構造1=[連結母音/無音]→子音語頭の接辞と連結するため。
  (現在は①[a/・]、②[i/・]、の2種類を使う)
 ②[挿入音素]の構造2=[無音/連結子音]→母音語頭の接辞と連結するため。
  (現在は③[・/r]、④[・/s]、⑤[・/y]、⑥[・/k]、4種類を使う)
     
〇このように[挿入音素]を規定するのは、動詞語幹の末尾音が子音の場合と母
 音の場合の両方に対応した一般形式表記にしたいからである。
 (簡略的に動詞活用形、受動態、使役態の派生を一般形式表記する)
 例:D[a/・]na[k0]i→書k[a]ない/食べ[]ない、
    :子音語頭の接辞:na[k0]i(打消)。
  :D[・/y]ou→書k[]おう/食べ[y]おう、
    :母音語頭の接辞:ou(意向、勧奨)。
  :D[i/・]mas[]u→書k[i]ます/食べ[]ます、
    :子音語頭の接辞:mas[]u(動作敬体)。
  :D[・/r]u→書k[]う/食べ[r]う、
    :母音語頭の接辞:u(動詞標識接辞)。
  :D[・/r]e[i/・]tara→書k[]e[]たら/食べ[r]e[]たら、
    :母音接辞:e(已然連用、完遂可能の意味)、
    :子音語頭の接辞:tara(完了想定の接辞)。
  :D[・/r]ar[・/r]e[・/r]u→書k[]ar[]e[r]u/食べ[r]ar[]e[r]u、
    :母音語頭の接辞:ar(動作結果があるの意味)、e(已然連用、完遂可能
     の意味)。
  :D[・/s]as[・/r]e[・/r]u→書k[]as[]e[r]u/食べ[s]as[]e[r]u、
    :母音語頭の接辞:as(動作をやらすの意味)、e(已然連用、完遂可能の
     意味)。
  (注:後段2例のar、e、are、as、ase、は態の接辞であり、詳しくは「態の構造」
  で解説する)
     
 6種類の[挿入音素]の使用例を掲載したが、動詞語幹が子音末/母音末の両方
に対応した[挿入音素]構造になっていることに注目してほしい。
その構造により、連結する各機能接辞が動詞語幹末の子音/母音に関係なく、
同一形態で表記できる利点を確認してほしい。
     
 なお、[挿入音素]の⑥[・/k]の例について追加説明します。(当文法の独創)
 例:形容詞派生のための[挿入音素]として規定する。(動詞派生も別途説明)
  :楽しい→tanosi[・/k0]i→tanosi[k0]i、
  :早い→haya[・/k0]i→haya[k0]i、
  :ない→na[・/k0]i→na[k0]i、らしい→rasi[・/k0]i→rasi[k0]i
  :望ましい→nozomasi[・/k0]i→nozomasi[k0]i、
 〇形容詞語幹:K=常に母音末語幹であり、上例のように終止形の一般形式は
  K[k0]i、の一本式で表記できる。(現代はイ音便により[k=0]i、kが無音化)
  もっとも、形容詞の活用形式が「し・く活用」と「かり活用」の二本立てで、
 例:「し・く活用」:語幹=Kで一般形式表記。(形容詞・副詞的運用である)
  :K(-、[k]u、[s0]i、[k0]i、[k]ere[+]ba、-):連用、終止、連体、仮定。
  ・早(-、く、い、い、ければ、-):古語では[s]i、[k]i、現代ではs、k発音せず。
 例:「かり活用」:語幹=Kで一般形式表記。(形状動詞的運用である)
  :K([k]ar[a]、[k]ar[]ou、[k]ar[i]、-、[k]ar[]u、[k]ar[]e、[k]ar
   []e):打消、意向推量、連用、連体、已然、命令。
  ・早(から、かろう、かり、-、かる、かれ、かれ):補完的に連用、終止、仮定は
   「く活用」から借用する使い方になっている。
  (注:[s0]i、[k0]i、の形容詞標識接辞:「i」音と、[k]ar[i]、の[挿入音素の「i」
   音]の扱い方では解釈に違いがある。それでよいと思ってる)
 〇形容詞派生の「く活用」では、K[k]u単独で副詞的な連用修飾が使いやすい、
  :楽しく:tanosi[k]u、早く:haya[k]u、~[+]らしく:rasi[k]u、など。
  :楽しくて:tanosi[k]u[i/・]te、と解釈するよりも、:tanosi[k]u[+]te、と
  解釈するほうが応用が広いように思う。楽しくなる、楽しくない:K[k]u[+]
  nar[]u、K[k]u[+]na[k0]i、などと連用修飾の規則を援用できる。
 〇また、「かり活用」の由来も、楽しく[+]あり:K[k]u[+]ar[i]の母音縮約に
  よって、K[k]ar[i]に転換して「かり活用」が併立したと解釈しうる。
 〇文語時代の早し:K[s]iの[s]には、動詞的意味合いがありそうだが、一般形式
  になれなかった。楽しし、悲しし:~si[s]iの終止形を頑張り通せずに、[s]iを
  放棄して、楽し、悲しの形態で終止形としたのです。
     
 以上、[挿入音素]の[・/k]について形容詞派生での用法を説明しました。
この[・/k]は動詞派生でも特定の場面で使われますが、詳しくは[挿入音素]全
体の意味の解説で触れたいので、ここでは割愛します。
〇形容詞派生=形容詞語幹[挿入音素]接辞語幹・・・の密結合の法則に従った
 派生構造であることを提起しました。
     
(次回は「態の構造」を再発見します)

« 態文法:「動詞の構造」再発見 | トップページ | 態文法:「態派生の構造」再発見 »

日本語文法」カテゴリの記事

態文法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 態文法:[挿入音素]の構造:

« 態文法:「動詞の構造」再発見 | トップページ | 態文法:「態派生の構造」再発見 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ