« 態文法:「動詞活用形の構造」-3 | トップページ | 態文法:新文法の実践検証1 »

2019/04/19

態文法:動詞派生の共通構造

態文法:動詞派生の共通構造
2019/04/19(金)
 連載の区切りとして、動詞構造の全体像を考察します。
全体像とは、動詞の①自他交替派生、②態派生、③活用形派生を含む動詞形態
の変化構造をなるべく均等に鳥瞰した構造群を意味します。
〇動詞派生の基本的な仕組は、どんな派生でも共通の方式であり、
・動詞派生=動詞語幹[挿入音素]接辞語幹[挿入音素]接辞語幹・・・
 と必要な機能接辞が順次付加されて意味が重層化していきます。
〇[挿入音素]とは語幹と語幹の間に挿入して発音可能な音節にするための
 単一音素で、次のような二者択一形式にしてあります。
・[挿入音素]=[挿入母音/無音]または[無音/挿入子音]であり、
 実例は、[a/-],[i/-],[-/r],[-/s],[-/y],[-/k]、の6種類のみです。
〇動詞派生の実例:(派生の仕組は①~③ともに共通方法です)
①自他交替:はじむ hazim[-]u(自他両用)→はじめる hazim[-]e[r]u(他)
 →はじまる hazim[-]ar[-]u(自)
 割る war[-]u(他)→割れる war[-]e[r]u(自、また他・可能でもある)
(接辞確定の2段目以降の[挿入音素]は一択で[-],[r]などと表記可能)
②態派生:はじめさす hazim[-]e[-/s]as[-]u(強制態)
 →はじめさせる hazim[-]e[-/s]as[-]e[r]u(使役態=強制態+可能態)
 →はじめさせられる hazim[-]e[s]as[-]e[r]ar[-]e[r]u(使役受動態)
 おこなう okona(w)[-]u→おこなわる okonaw[-]ar[-]u(結果態)
 →おこなわれる okonaw[-]ar[-]e[r]u(受動態=結果態+可能態)
③動詞活用形:一般形式表記として動詞語幹:Dで示す。
 未然:D[a/-]na[k0]i→書かない/見ない(不動作、打消、動作否定)
 将然:D[-/y]ou→書こう/見よう(意向・勧奨)
 正然連用:D[i/-]te[+]→書いて+/見て+(動作進行+、[i]te:イ音便)
 事然終止:D[-/r]u→書く/見る(動作事象の陳述)
 事然連体:D[-/r]u[+]→書く+/見る+(動作事象+で後続体言を修飾)
 已然連用:D[-/r]e[-]te[+]→書けて+/見れて+(動作完遂+)
 已然仮定:D[-/r]e[+]ba、→書けば、/見れば、(動作完遂想定)
 已然命令:D[-/r]e【yo】/【ey】o→書け/見ろ (動作完遂命令)
     
 「派生」=語幹と語幹の密結合には[挿入音素]をはさむ。
 「複合」=単語と単語の疎結合は[+]記号をはさむことで表記した。
 (複合の例:文法書 bunpou[+]syo、小雨 ko[+s]ame、酒屋 sak[e=a+]ya、
  などの変化形もあるが、自立単語の複合[+]:単純並置的な結合である)
日本語が[挿入音素]に無頓着な膠着語であれば、子音連結や母音連結を残し
たままの造語法を用いただろうが、実際は語幹相互の密結合には[挿入音素]
を挿入する特徴的な調音方法を守ってきた。
日本語の膠着流儀に添うように、[挿入音素]=[連結母音/無音]または、
[無音/連結子音]という形式で子音末・母音末の両語幹に挿入できる表記法
を考案した結果、動詞派生全体を広く見渡すことができるようになりました。
     
 9.動詞派生の全体像から教えられること
 ①自他交替派生で注目すべきことは、接辞:e[r]u の機能が自→他への交替
  と、他→自への交替という両用機能を持つという不思議さ・柔軟さ。
 ②態派生で注目すべきことは、古語時代に強制態で使役を、結果態で受動を
  表現した(実際は終止形より、連用形:[i/-],[e/-] の使用が多かった)
  が、現代では、強制態+接辞:e[r]u →使役態、結果態+接辞:e[r]u →
  受動態に移行している。この不思議さ・柔軟さ。
 ③動詞活用形の派生で注目すべきことは(前段では強調のため、已然の用法
  を連用・仮定・命令に展開して示した)江戸期前後で加速した二段活用が
  一段活用へ収れんする事態を正確に受け止めること。
  (ここでは[挿入音素]採用で活用構造を「五段/一段」共通表記する
   工夫をした)
 →正然連用(二段活用):D[i/-]、D[e/-]、や已然連用:D[-/r]e、に
  [r]uを付加することで一段活用化が進み、奉る文、候文が不要になって、
  待ちに待った母音末動詞の独立化が大量に発生・成立・開放された。
  D(i)[r]u、D(e)[r]u→落ちる、起きる/投げる、受ける、
  (挿入音素を語幹に繰り入れて独立動詞化)が誕生する。
  D[-/r]e[r]u→書ける、読める、起きれる/見れる、投げれる、受けれる
  (動作完遂動詞=可能動詞)が誕生する。
 →これらの誕生は、①自他交替、②態派生とも関連する。
     
 現代国語学が接辞:e[r]u の機能を正しく解釈できないでいる理由は定かで
はないが、この問題を過小評価、もしくは看過していることが原因の第一だろ
う。(当ブログでの問題提起は、前回の「8.敢えて已然形を体験する」に記
したので、ここでは割愛いたします)
     
 先週、図書館で借り出した本を通読して触発されて、前段の派生全体像を書
きました。
『日本語は哲学する言語である』:小浜逸郎:徳間書店:2018年7月31日
走り読みの通読で、本文で引用の文法書や著者の名前が次々に目に入り、懐か
しく思いました。(次々と私も文法書の市販本として読んだ記憶を思い出し
ました)
動詞派生の機序・仕組を哲学したりするために、なにか参考になるだろうかと
思ったのだが、仕組に関しては余り収穫はありませんでした。
     
 以下、簡単な読後感想です。
〇小浜逸郎:第2章の1節、「いる-ある」問題
<小浜本の1節説明:(相当要約)
 ・いる:主に有情物がその場に存在すること。:身近に存在を感じる。
  ~ている:動作進行状態を表現する。転じて形状変化の特徴表現にも
  使う。(曲がっている道、)
 ・ある:主に無情物が存在すること。:離れた存在と感じる。
  ~てある:動作済みであることを表現する。(他動詞に~てあるを使う)
/本の説明終り>
〇反論的感想を記す(相当簡略)
 ・「ある/いる」問題は山口明穂『日本語の論理』に魅力的で詳細な説明が
  あり、有情/無情に関係なく注目の時間幅の中で存在を続けると見做すと
  「ある」と言い、そのうちに存在しなくなると見做すと「いる」と言う、
  と記述あり。これに納得がいく。
 ・漠然と「ある/いる」問答をしていると、動作態(主体が替る)が変化
  することを見逃してしまう。無意識にある:無情、いる:有情、という
  ように態(主体)変化してしまう。
 ・いる:身近、ある:遠方、の感覚差異は、まさに態の違いに惑わされた
  結果だろう。
 ・~てある:多くの文法書では、自動詞では使わないと記述するが、理由の
  説明ができていない。「ある」を無情の遠方のことだと思い込みなのか。
 歩いてある、行ってきてある、走ってある、など自動詞の「てある活用」に
 何の問題もない。(日課的な自動詞の行動を済ませてあることを示す)
→接辞:te(二段活用→一段活用)は、te([-]na[k0]i,[-]te,[r]u,[r]e,[r]o)と
 なったから、本来の形状変化の表現には、~てる:~te[r]u が使える。
 ・曲ってる道、山がそびえてる、看板が立ってる、野菜が並んでる、
  ドアが閉っている、いやもう閉ってる、知ってるよ、見てたから、
  動作進行が完了したあと、その形状が継続する状態を表現するのに最適な
  形態です。
 (世間では「てる/でる」の使用が進んでるが、国語学が追いついてない)

« 態文法:「動詞活用形の構造」-3 | トップページ | 態文法:新文法の実践検証1 »

日本語文法」カテゴリの記事

態文法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 態文法:「動詞活用形の構造」-3 | トップページ | 態文法:新文法の実践検証1 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ