« 態文法:国語文法を正す方法2 | トップページ | 態文法:国語文法を正す方法4 »

2019/08/16

態文法:国語文法を正す方法3

態文法:国語文法を正す方法3
2019/08/16(金)
 まず、国語文法(学校文法)の動詞活用形の基本法則を再確認
します。
・「かな字単位」による語幹+活用語尾形の構成で、「未然形、
 連用形、終止形、連体形、已然形、命令形」の活用形体系を定
 める。
 (五段・四段活用/二段活用/一段活用/その他、など体系が
 ある)
・助動詞・接辞を連結するとき、何型の活用語尾形に接続すべき
 か指定する文法則が必須だが、接辞ごとに連結法則が確立して
 いるとは言えない状況である。
(接続規則はあるが、活用形枠組に対する解釈揺らぎや、接辞形
 態の把握に曖昧さがあり信頼性が低い)
  
国語文法の恣意的放任:
③江戸後期・現代:「已然形は仮定形に名称変更になって消えた
 のか?」 国語の共通化が求められ、動詞活用形式も主に二段
 活用形が一段化へ収れんしてきた。特に「已然形」の出世振り
 には感嘆する。だが、国語文法では、この時代の「已然形の変
 貌振り」を十分に解釈できていない。
〇文法を正す視点:
 本来、已然形は用途が広くて安定した意味機能を果していたが
 、文語文法と口語文法の移り変りの間で大きく変りすぎたため
 、評価が定まらない。
例:已然形の活用語尾末音:-e-には、それ自身に機能接辞の能
 力があります。 詳細は次項の新文法の解釈で述べるが、ここ
 では自他交替する接辞の機能について国語文法の曖昧さを正す
 視点として記述します。
・立つ→立てる:tat[]e[r]u,割る→割れる:war[]e[r]u,この同じ
 e[r]uでも自他交替と他自交替で逆の働きをする。国語文法で
 は恣意的放任なのか、五段活用動詞には可能動詞と見做すだけ
 で、一段活用での「見れる、食べれる」を認めたがらない。
 恣意的えこひいきだと断じる。これでは可能以外の大事な機能
 :完遂のための条件合せの互助(主・客・対象の互助)も感得
 できない。
・立てば、割れば、の已然・仮定形も安定な機能であり、「立た
 ば、割らば」の未然仮定形(の危うさ:五段動詞のみ辛うじて
 通用)が放逐されてもよいのとは大違いにしっかりした構造で
 す。
・命令形にも已然が使われ、立て!:tat[]e,割れ!:war[]e, 
 二段活用から一段活用の変化で、見よ:mi[]yo,→見ろ!:mi[r]
 (ey)o、食べよ:tabe[]yo,→食べろ!:tabe[r](ey)o,のように
 完遂を命ずる形式で已然型命令形になった。
この命令形の変化認識も国語文法ではほとんど定着していない。
  
新文法による解決:
★動詞派生の基本文法則=動詞語幹[挿入音素]接辞語幹[挿入
 音素]接辞語幹・・・で、すべての動詞活用形、すべての態動
 詞派生などを解釈できる。
(恣意的、属人的なえこひいき解釈を挟み込む余地なしで、構造
 化できる)
・[挿入音素]=[連結母音/無音]または[無音/連結子音]
 の構造で、次の6種類がある
 :[a/-],[i/-],[-/r],[-/s],[-/y],[-/k].
〇動詞語幹をDで、すべての動詞を代表させる一般形式表記によ
 れば四段活用/一段活用を一行で表せる。
・D([a/-]na[k0]i,[i/-]te+,[-/r]u,[-/r]u+,[-/r]e[]te+,
 [-/r]e(yo)!/(ey)o!,)
(未然打消、正然連用+、終止事象、連体+、已然連用+、已然
 命令、という基本枠組で動詞描写に対応する)
〇注目する已然形:
 :D[-/r]e+,D[-/r]e[i/-]te+,D[-/r]e[+]ba,
 D[-/r]e(yo)!/(ey)o!, のように、完遂(連用形、仮定形、命
 令形)として発展したうえ、さらに完遂動詞:D[-/r]e[r]u,と
 して晴れてやっと独立できたことがすばらしい。
・読める、書ける、飛べる、見れる、来れる、行ける、食べれる
 、起きれる、変えれる、着れる、などの動作可能の表現がすっ
 きり描写可能になった。
<考えれる、調べれる、覚えれる、忘れれる、感じれる、など知
覚動作に対しては、動作の完遂そのものを相互に確認できないか
ら、結果が現れたとき、考えられる、調べられる、覚えられる、
忘れられる、感じられる、と、受動態=結果已然(形)態で描写
する。
つまり、知覚動作の伝達認知の方法を吟味して受動態を選ぶので
す。文化庁の「国語に対する世論調査」でも、各年代の一般大衆
は実質の意味をきちんと吟味しての圧倒的正解率です。
・調査設問が友人の行動結果が予想と大幅に違うものだったら、
 考えれない/考えられない、のどちらを使って表現するか、を
 問い掛けるものです。
・皮肉なもので、文法界は「短い単語は可能動詞になりやすいが
 、長い音節の単語では受動態をきちんと維持している」と外形
 判断だけを続けている。意味の違いを吟味せずに思考停止状態
 だ。可能を問うのか/結果を問うのかを学者は忘れてるのだ>
  
新文法の切り札
 :已然接辞=自他交替接辞=完遂接辞=可能態接辞:-e-。
 已然形:すでに然る、動作完遂に尽す、やり遂げる、条件に折
 り合いを付けて成就する(対他・対物で折り合い、互助し完遂
 する)、のすべてを含む動作概念を表す。
・動詞の自他交替には12通りの対応型があり、一番多い:半分
 以上の対応型が接辞:e[r]u付き動詞です。(終える、立てる、
 割れる、増える、流れる、見せる、など6通り)
・また、態の四態でも可能態と受動態の2態に:e[r]uが付き、使
 役系には4態ともにe[r]uが含まれる。
・さらに、動詞活用形で已然・連用:-e-としても使われる。
(塞がれて、上がれて、増やせて、流せて、動けて、生きれて、
 活かせて、起せて、残れて、残せて、乗れて、乗せて、など、
 すべての動詞に已然形が対応する)
〇これだけ大量の動詞に派生連結できるのに、見れる、来れる、
 食べれる、調べれる、などが不適当というのは、恣意的えこひ
 いき以外にないでしょう。
〇これだけ大量の動詞に派生連結できるのに、-e-,-e[r]u,の根
 源的な意味を解説できないとしたら、新文法と言えない。
(答えは切り札項の最初に記述)
  
★深層理解を願う:已然接辞=自他交替接辞=完遂接辞=可能態
 接辞:-e-。
 次の2つの派生形式から、深層理解に達することができる。
・1つ:自他交替例:立てる:他動詞化/割れる:自動詞化、は
 一見すると、-e[r]u接辞が自他交替と他自交替の相反する機能
 を発揮するように感じる。
〇だが、深層の意味には、立つ、割るの「動作を完遂・やり遂げ
 る」ことで生じる状態を描写する言葉であり、対物側の動作と
 しては「やり遂げられた→態の入れ換り見立て」が発生してい
 る。 主体側は、動作をやり遂げるの意味で完遂・可能の描写
 になる。
 つまり、-e[r]u接辞の真の意味は「動作を完遂・やり遂げる」
 ということである。
・2つ:相互助成例:見せる、着せる、乗せる、任せる、対他動
 作で-e[r]u接辞が付くと、主体・客体・(対象物も類推)の相
 互協同の動作で完遂努力するような深層意義を発揮する。
〇同感しやすい例で「見せる:mi[s]e[r]u」を考察しよう。
 主体は対象物:定期券、逮捕状、得意技、を相手が見えるよう
 に提示する。
 客体は対象物を見て納得できるか判断して相応の行動をする。
 主体・客体・対象物の相互の協同・合致動作が合うことで完遂
 する。(対象物の内容が効力なしなら、完遂が成立しない)
〇相互合致の末に完遂が成立する:深層意義として潜在する。
・花子はピアノが弾ける:花子・ピアノ・音楽法則が相互合致す
 る。
・幼児でもこの距離が歩けるのか:幼児・長距離・物理条件の相
 互合致の有無が決め手。
・この漢字は読めるが、書けないかも:主体・漢字・知識領分の
 相互合致範囲による。
このように、已然接辞、可能接辞:-e[r]uには、「完遂と相互助
成」の深層意義があると解釈するとよい。
  
つづく

 

« 態文法:国語文法を正す方法2 | トップページ | 態文法:国語文法を正す方法4 »

日本語文法」カテゴリの記事

態文法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 態文法:国語文法を正す方法2 | トップページ | 態文法:国語文法を正す方法4 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ