« 日本語の述語活用分岐表 | トップページ | 日本語の述語文法 »

2020/04/03

日本語の述語活用分岐表:追記

日本語の述語活用分岐表:追記
2020/4/3(金)
 前回の分岐表の最初:T態動詞派生表を差し替えたいと思います。
態動詞の派生構造の規則性がより明確にわかる一覧表だからです。
*差し替え用  
T態動詞語幹派生表:動詞語幹=D, ko, s、態接辞語幹=ar, as, e、
態の三系四態:新たな態動詞語幹としてD動詞活用分岐表④へ連結。
 態名称 \ 能動系   強制系    使役系 :
 ①原系態: D-、   D[-/s]as-、  D[-/s]as[-]e-、
 ②可能態:D[-/r]e、  D[-/s]as[-]e、 D[-/s]as[-]e[r]e、
 ③結果態:D[-/r]ar、  D[-/s]as[-]ar、 D[-/s]as[-]e[r]ar、
 ④受動態:D[-/r]ar[-]e、 D[-/s]as[-]ar[-]e、D[-/s]as[-]e[r]ar[-]e、
来る:三系四態:態語幹としてD分岐④へ連結。ku[r]uは不規則④へ。
  態名称 \能動系    強制系    使役系 :
 ①原系態:ku[r]u、   ko[s]as-、   ko[s]as[-]e-、
 ②可能態:ko[r]e、   ko[s]as[-]e、  ko[s]as[-]e[r]e、
 ③結果態:ko[r]ar、    ko[s]as[-]ar、   ko[s]as[-]e[r]ar、
 ④受動態:ko[r]ar[-]e、  ko[s]as[-]ar[-]e、ko[s]as[-]e[r]ar[-]e、
する:三系四態:態語幹としてD分岐④へ連結。su[r]uは不規則④へ。
  態名称 \能動系   強制系    使役系 :
 ①原系態:su[r]u、   s[-]as-、    s[-]as[-]e-、
 ②可能態:s[-]e、   s[-]as[-]e、  s[-]as[-]e[r]e、
 ③結果態:s[-]ar、    s[-]as[-]ar、   s[-]as[-]e[r]ar、
 ④受動態:s[-]ar[-]e、  s[-]as[-]ar[-]e、 s[-]as[-]e[r]ar[-]e、
(注:②-e 、④-are 語幹は已然(完遂)の意味を持つので、
 D分岐⑥⑦での二重已然を避けること。D分岐⑥仮定形にはOK。
 ③-ar 語幹は結果事象の意味を持つのでD分岐①〜③の活用は不
 自然になる。D分岐④⑤なら無難でしょう)
* 

 

« 日本語の述語活用分岐表 | トップページ | 日本語の述語文法 »

日本語文法」カテゴリの記事

態文法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本語の述語活用分岐表 | トップページ | 日本語の述語文法 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ