« 「述語律」が文法の謎を解く -1 | トップページ | 「述語律」が文法の謎を解く -3 »

2020/10/28

「述語律」が文法の謎を解く -2

「述語律」が文法の謎を解く -2
2020年10月28日(水)
 現在の国語文法の問題点には「かな文字頼り」の分析による欠陥が
根源にあり、文法則に確信が持てないために広義の解釈に発展させる
ことができず、狭義の法則に押し止め、広がりを禁止法則にしてしま
う傾向がある。
・だから、余計な禁止法則に惑わされるな、という原則に立ち十分に
 禁止理由を吟味すべきである。
・「惑わされない原則」は「ローマ字つづり」で分析する新述語文法
 が示唆する「五段活用/一段活用」一般形式表記の原理:子音末・
 母音末動詞の区別なく「接辞の機能」が両方に働くのだと確信する
 こと。
 
1.余計な禁止文法則の例
 ●「(わけがあって)折戸を開けてある:ak[-]e[-]te[+]ar[-]u」他動詞
  なら良し、だが自動詞ではダメと禁止的に言及する。
 〇「(長いこと)折戸は開いてある:ak[0i=I]te[+]ar[-]u」自動詞でも
  OK。「(今日はもう)しっかり歩いてある:aruk[0i=I]te[+]ar[-]u」
  自動詞でもOK。
 ●「読める、書ける:yom[-/r]e[r]u, kak[-/r]e[r]u,」可能動詞だが、
  「見れる、食べれる:mi[-/r]e[r]u, tabe[-/r]e[r]u,」は可能動詞と
  認めず、「見られる、食べられる:mi[-/r]ar[-]e[r]u, tabe[-/r]ar-
  [-]e[r]u,」を無理強いする。国語文法の最弱点である。
 〇可能動詞の一般形式:D[-/r]e[r]u,に従い「見れる、食べれる」が
  当然ながら認められ、可能態として推奨されるべきである。
 (「ら抜き」概念自体が間違いで、国語文法の最弱点である)
 
2.e[r]u 接辞への無理解がつづく
 ●立つ:tat[-]u,→立てる:tat[-]e[r]u,:e[r]u付きで他動詞化する、
  割る:war[-]u,→割れる:war[-]e[r]u,:e[r]u付きで自動詞化する、
  国語文法の最弱点は、接辞 e[r]u の機能を説明できないからだ。
  あるときは他動詞化、またあるときは自動詞化になる e[r]u 接辞
  を持て余し、解釈しえないで世紀を過ごしている。
 〇立てる、割れるの一般形式:D[-/r]e[r]u, は可能動詞を表現する。
  同時に動作:Dを実行し「立つように、割るように」して完遂に
  達するという意味を表現するのが「立てる、割れる」なのであ
  る。(已然:D[-/r]e すでに動作している→D[-/r]e[r]u 完遂!)
  自他交替の接辞ではなく完遂状態に達すること表す接辞なのだ。
  ・つまり、e[r]u 接辞の根源は「動作完遂」を表す機能である。
  (已然形は完遂の仮定に通じるだけでなく、e[r]u 「る」の援軍
   が挿入されて、完遂状態に達する表現:完遂可能になるのだ)
  ・活用形の中でも已然形は典型的に動相と態変化に関わる派生形
   である。「述語律」も独特であり、主体と客体、対象物ともに
   動作条件を合わせながら互(いに協力し規)律し合うこと:
   「互律」を意味する。(自然・物理条件などとも折り合いを
   つける)
  ・「彼は納豆が食べれる:tabe[-/r]e[r]u 」互律だから複主型が可。
   「花子がピアノが弾ける:hik[-/r]e[r]u」互律だから複主型が可。

  国語文法の e[r]u 接辞の無理解の影響はまだまだあり、次回へ続く。

« 「述語律」が文法の謎を解く -1 | トップページ | 「述語律」が文法の謎を解く -3 »

日本語文法」カテゴリの記事

態文法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「述語律」が文法の謎を解く -1 | トップページ | 「述語律」が文法の謎を解く -3 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ