« 2020年11月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021/01/17

態派生のしくみ−3

態派生のしくみ−3
2021年1月17日(日)
 態派生のしくみを分析してきて、3回目になりました。
態の接辞:-ar-, -as-, -e-, のうち、-e- 接辞はなかなか理解しにくい、
説明しにくい特有の役目を持っているようです。
 まず、-e- 接辞の意味を整理します。
・接辞 -e- は動詞活用形の一つ、已然・実現形「動作を完遂する、
 尽力して成し遂げる、自然条件との折り合いをつけて成就する」
 という意味を発揮します。動作を完遂するという動作相・アスペ
 クトを持つ。
(形容詞、名詞の述語派生での已然は:〜けれ、〜であれ:実現
 想定形と解釈します)
 
<新述語文法の動詞活用形:五段/一段共通形式>
(動詞語幹:D、[挿入音素]、S1:否定系接辞語幹、S2:連用系接辞
 語幹、注釈記号:*1,*2,)
①D[a/-]S1 未然・否定形:*1 na[k]0i, z[-]u, mai,
②D[-/y]ou 将然・促進形:←積極的な意味を提起するため改称。
③D[i/-]S2 正然・連用形:*2 mas[-]u, te/de, ta[k]0i,
④D[-/r]u  事然・終止形:
⑤D[-/r]u- 係然・連体形:
⑥D[-/r]e- 已然・実現形:←積極的な意味を提起するため改称。
⑦D[-/r]e(yo)/(ey)o 命然・命令形:
注:動詞活用形は動作の進行局面を大まかに描写する動作然相:
 アスペクトと、意味の形名を並記します。
 近世になって用法が大きく変化した②将然、⑥已然については形名
 を改称することを提起します。
古語の②将然は、D[a/-]mu:書かむ、見む、食べむ、の未然枠で活用
していたが、近世では D[-/y]af[-]u:書かふ、見やふ、食べやふ、から
現在の D[-/y]ou:書こう、見よう、食べよう、になった。
古語の mu は心理的な意向、推量であったが、現在の [-/y]ou は -af-:
合う=やり合う、継続する=周囲条件との折り合いをつけて挑戦する
という積極的な意向、勧奨を表現する。これと呼応するのが、D[-/r]e
:書け−、見れ−、食べれ−、現在の⑥已然・実現形であり、周囲条件
と折り合いをつけて完遂するという積極的な動作相を表現する。
・特に已然・実現形が独立し、D[-/r]e[r]u:書ける、見れる、食べれ
 る、となれば実現形の実現度が高まる。可能動詞とみなされるのは
 その結果なのです。
・また、⑥已然・実現形の次段派生の幅が広く、*1、*2の接辞にも
 直結できます。つまり、新しく下一段活用動詞になったような使い
 方ができます。
・動作を完遂していけば、→可能態→結果態→受動態の「四態」に
 自然にたどりつく、という感性が生じるのは新述語文法だけでしょ
 うか。(いずれにしろ、已然・実現形を仮定形だけに限定する解釈
 をしていたら、近代日本語の積極的な言語感性が発揮できない)
 
<「態の三系四態」:12通りの「述語律」>
 動詞活用で態が変わって構文の主部と述部の規制関係が変化しま
す。どんな規制関係があるのかを「述語律」という概念で捉えること
が文法として重要です。
①兄がイチゴを売っている:述語律=自律(兄の自律動作)
①’イチゴが売っている:述語律=受律(無情の対象物が動作を受ける
 だけの状態を表すのに使われる。売られている、よりも頻繁に使う
 はずです)
②イチゴが売れている:述語律=互律(已然、兄とイチゴと周囲条件
 が相互によく働いて完遂できていることを表現する)
③イチゴが売らる:述語律=(結)果律(動作実行の結果がある描写)
④イチゴが売られている:述語律=果互律(動作結果が周囲に相互反
 応を現出する描写です。習慣的な状態をいうことも多い)
この5種:自律/受律、互律、果律、果互律、が果たす規制力が能動
系「四態」の「述語律」です。
・已然が示す「互律」は、単に可能であることだけでなく、
例:彼は英語が話せる、花子はピアノが弾けます:複主体構文が示す
 ように、主体と対象物とが相互に文章条件、音楽条件を満足させる
 達成状態であることを描写しています。(構文の読み手、聞き手も
 条件にどれほど適合してるのかに注目するはずです)
・受動が示す「果互律」は、動作結果が「互律」をする:「登場人・
 物と周囲条件との相互反応を現出する」表現です。
例:授業では英語が話されます:習慣的に行われてる動作と周囲条件
 との規律関係を描写します。hanas- が [-]ar[-]e[-]mas[-]u という感覚
 でしょうか。(自律/受律が実現してあれるという感覚)
紙幅の残りが少ないので、強制態と使役態の述語律について簡単に
記します。
・強制態:D[-/s]as[-]u が示す「律他」は主体が客体に指示・許可・
 命令して、客体が自律(服従・要請)動作をするという規制関係です。
・使役態:D[-/s]as[-]e[r]u が示す「律他互律」は主体が強制するだけ
 でなく実現するよう客体に助力、督励を継続する、客体は自律(服
 従・要請)で動作する規制関係です。
主体と客体の両方の「述語律」を考えるのは、強制、使役だけではな
く、能動系でも主体と客体・対象物との「述語律」を無意識に考えて
います。
・能動態:D[-/r]u が示す「自律/受律」は主体・自律、対象物・受律
 で平衡しますから、果律や果互律での「実績可能/受け身」も成り
 立ちます。


 

2021/01/12

態派生のしくみ−2

態派生のしくみ−2
2021年1月12日(火)
 態動詞の派生に関わる接辞:-ar-, -as-, -e-, のうち、接辞 -e- の機能が
国語文法によっては明快に解釈できないと感じる。
1)受動態に -ar-, 強制態に -as-, が使われることは明白だが、
 実際には受動態に -ar[-]e-, -are-, (強制)使役態に -as[-]e-, -ase-, の
 ように接辞 -e- は両方(-ar-, -as-)の態に組み合わせて使われる。
 この理由を国語文法は説明できない。
(-ar-, -as-, ともに下二、下一段活用の連用形で -are-, -ase-, になる
 との解釈で止まってしまい、根源まで分析していない)
2)態接辞は動詞の自他交替派生にも役目を果たすが、接辞 -e- には
 自他交替、他自交替のどちらにも寄与するので厄介である。
 (例:立つ tat[-]u/tat[-]e[r]u 立てる、割る war[-]u/war[-]e[r]u 割
 れる、のように自他両方に交替してしまう)
 この理由を国語文法は説明できず、お手上げ状態らしい。
 
<接辞 -e- の本当の役割、機能を見抜く>
 新述語文法としての解釈を記述します。
①態の接辞 -ar-, -as-, -e-, は「自他交替派生」や「態の三系四態」両方
 に使われて機能を発揮します。なかでも接辞 -e- は機能が明確に把
 握されないままで近世以降に大活躍しています。その理由を解明で
 きないのは国語文法の力不足ですから、それを補う解釈が必要です。
②接辞 -e- の根源的な機能は自他交替や態派生の役割ではなく、別の
 主要な機能があるのだと考えるべきでしょう。
③動詞活用形の一つ、已然・実現形のD[-/r]e- に使われる -e- 接辞が
 その機能の正体であると洞察します。
まず、動詞活用形の歴史的変化をたどってみる。(五段はほぼ不変)
④江戸期になり二段活用:D[i]-, D[e]-,が語幹化して、Di[r]u, De[r]u の
 一段活用化に収れんすると、大変革が起き始めた。
(これは一段動詞の正然・連用形の独立動詞化(起きる、食べる)に相
 当する)
⑤また、一段動詞の独立化で、その已然・実現形:Di[r]e-, De[r]e-, の
 形態は、五段の已然・実現形:D[-]e-, と共通一般形式で表記すれば、
 D[-/r]e-, となり同等に扱えます。(書け-, 起きれ-, 食べれ-,)
⑥さらにこの已然・実現形が独立化してD[-/r]e[r]u, (書ける、起きれる、
 食べれる)という発展形態に至ったのです。明治期以降、可能動詞と
 して大活躍できるようになったはずです。(国語学は迷っているが)
・已然・実現形が独立して現在時制:D[-/r]e[r]u を持つことの意義は
 とても大きい。現在時制ならこれから始める動作でもやれる!書け
 る!食べれる!できる!可能だ!と言えるからです。
⑦先史時代に遡って考えると、先人の知恵を頼もしく感じます。
 先人は已然・実現形を事然・終止形から直接的に生成できない動詞
 に対して、まず終止形に [r]u を連結し再独立:D[-]u[r]uとしたうえ
 で、已然・実現形 D[-]u[r]e- を生成する応急処理を施した。
 先人にとっては応急処理だった二段活用が江戸期までも続くとは、
 想定外だったかもしれません。国語文法はこの応急処理にも気づい
 ていないようです。( D[-]ur[-]u→-ur- 接辞だと認識しているらしい)
⑧以上の歴史から動詞活用形が新しい動詞として独立する形態を順次
 獲得してきた。これを整理すると、
・事然・終止形:D[-]u →D[-]u[r]u:係然・連体形へ独立、(先史二段)
・二段の正然・連用形:D[i]-, D[e]-,→ Di[r]u, De[r]u:一段の終止形、
 連体形へ母音末語幹で独立、(鎌倉期〜江戸期)
・ 五段、一段の事然・終止形、係然・連体形が D[-/r]u, になり、
 已然・実現形:D[-/r]e-, となって、つぎにこれも独立形:D[-/r]e[r]u
 を得て可能動詞、可能態となった。(明治期)
・現代国語では、已然・実現形を仮定形:D[-/r]e+ば、(書けば、見れ
 ば、食べれば、)の形態だけに限定したとらえ方で済ませている。
⑨以上、接辞-e- の歴史的な発展を調べたうえで、根源的な意味を見抜
 くには、動詞活用形の已然・実現形を掘り下げる必要があります。
次回は已然の-e-接辞に集中して解説します。
〜つづく


 

2021/01/08

態派生のしくみ−1

態派生のしくみ−1
2021年1月8日(金)
 本ブログの新述語文法では、述語が果たす「述語律」について解析
を続けています。特に態派生は「態の三系四態」といって3✕4=12
通りの態動詞がそれぞれに「述語律」を発揮します。
 態の接辞は、-ar-, -as-, -e-, の3つがあり、受動態、強制態、可能態
の機能を発揮する。なかでも接辞 -e- は不思議な機能であり、国語学
の解釈では「歯が立ち」ません。
 
 まず、能動系の「態の四態」をどうしたら解釈できるでしょうか。
<「態の四態」の根源的な構造を見抜く>
・「態の四態」を一行表記で解説すると、びっくりするほど簡単で、
 「原系態→(+e=)可能態→(+e=)結果態→(+e=)受動態」これ
 すなわち「態の四態」という等式にたどり着きます。
 ①原系態:D[-/r]u,(書く、見る、食べる)
   ↓+e 可能接辞を連結すると、(已然・実現形に活用)
 ②可能態:D[-/r]e[r]u,(書ける、見れる、食べれる)
   ↓+e 可能接辞を連結すると、(二重可能態=結果態= -ar-)
 ③結果態:D[-/r]ar[-]u←D[-/r]e[r]e[r]u=実現想定が実現=実績結果、
   ↓(注:書けれる?→書かる、同様に→見らる、食べらる)
   ↓+e 可能接辞を連結すると、(已然・実現形に活用)
 ④受動態:D[-/r]ar[-]e[r]u, (書かれる、見られる、食べられる)
のような動作相を含んだ構成で「態の四態」は作られている。
・今までは「態の双対環」とか「態の環状双対関係」と呼んだりして
 「四態」把握が大切だと思っていましたが、可能接辞 -e- を順次
 連結していけば一行書式で「態の四態」の概念を表現できるのだ。
 なんて不思議なんだろう。
接辞:-e- の呼称として、可能接辞とか、已然・実現形(五段活用)とか、
正然・連用形(下二、下一活用)とか、いろいろに呼び分けていますが、
すべて同じ-e-音が付属しており同じ意味に解釈するのが新手法です。
(接辞-e- の詳細は次回に記述します) 
 
 続いて「態の三系四態」を三系・四態の表形式で表現すると
態の全体像を見渡せます。(二重可能:-e[r]e[r]- ?= -ar- 実現結果の意味)
(規則動詞の語幹:D、[挿入音素]、態接辞語幹:-ar-, -as-, -e-,
 不規則動詞の語幹:来る=ko、する=s、)
<規則動詞の「態の三系四態」>
 態名称 \ 能動系    強制系     使役系(⑥と⑨は同義)
 ①原系態:D-、    ⑤D[-/s]as-、  ⑨D[-/s]as[-]e-、
 ②可能態:┣ [-/r]e-、  ⑥┣ [-]e-、     ⑩┣ [r]e-、
 ③結果態:┣ [-/r]ar-、  ⑦┣ [-]ar-、     ⑪┣ [r]ar-、
 ④受動態:┗ [-/r]ar[-]e-、⑧┗ [-]ar[-]e-、  ⑫┗ [r]ar[-]e-、
<不規則動詞の「態の三系四態」>
来る:到達点でのko[r]uから語幹に「ko」を適用。
 態名称 \ 能動系    強制系    使役系(⑥と⑨は同義)
 ①原系態:k(u[r]u)、  ⑤ko[s]as-、  ⑨ko[s]as[-]e-、
 ②可能態:ko[r]e-、   ⑥┣ [-]e-、   ⑩┣ [r]e-、
 ③結果態:┣ [r]ar-、    ⑦┣ [-]ar-、    ⑪┣ [r]ar-、
 ④受動態:┗ [r]ar[-]e-、 ⑧┗ [-]ar[-]e-、  ⑫┗ [r]ar[-]e-、
する:語幹に「s」を適用。
 態名称 \ 能動系    強制系    使役系(⑥と⑨は同義)
 ①原系態:s(u[r]u)、  ⑤ s[-]as-、  ⑨s[-]as[-]e-、
 ②可能態: s [-]e-、   ⑥┣ [-]e-、   ⑩┣ [r]e-、
 ③結果態:┣ [-]ar-、    ⑦┣ [-]ar-、    ⑪┣ [r]ar-、
 ④受動態:┗ [-]ar[-]e-、 ⑧┗ [-]ar[-]e-、  ⑫┗ [r]ar[-]e-、以上。
(注:「態の三系四態」表形式では、派生後の態語幹での形態で
 示してあります。後続の動詞活用形の分岐選択へ直結できます) 
この表形式に示す「四態」は三系相互で相似的な構成なので判りやす
い。日本語学習者にとっては憶えやすく感じるでしょう。
 すべての動作動詞が「三系四態」に則り、態の活用派生ができるの
で一覧したうえでじっくり演習してほしい。
〜つづく

 

2021/01/07

2021年主要記事一覧表

2021年主要記事一覧表
カテゴリー:(blog)webnote
6月、
5月、
4月、
3月
2月
1月
------------------------------

 

« 2020年11月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ