« 述語律を記号で表す-1 | トップページ | 述語律を記号で表す-3 »

2021/02/14

述語律を記号で表す-2

  1. 述語律を記号で表す-2
    2021年2月14日(日)
     名詞文述語のはたらきを「3種類の述語律」で明らかにしましたが、
    名詞述語の構造、構成については明確な文法が利いていない実態が見
    えています。また、判定詞「です、だ」などは助動詞として独立的に
    使用する傾向もあります。これにも文法が明確でありません。
    <判定詞の性質>
     新手法でも意図的に3つの述語律に共通して多種判定詞を付属させ
    ています。共通した文法則があると感じるからです。独立させるにも
    文法則をしっかり定めてからのことにすべきです。
    判定詞は付属語であり独立文節の成立条件に適合しないので、付属語
    の定義に適合させる必要があります。
    1)判定詞は「助詞始まりの助動詞連結」ですから「先行語句が名詞
     もしくは名詞相当語句である」のが自然な膠着規則になります。
    2)「指定律:名付けする規律」では先行名詞が固有名詞、普通名詞、
     抽象名詞などに限定されるし、「推量・伝聞律」では「そう、よう、
     らしい」など限定的な形式名詞が使われるから、問題は生じないだ
     ろう。
    3)「措定律:当てはめ規律」では判定詞が付属する先行名詞、名詞相
     当語句が構文主部に補語として「当てはめられる」ことで構文の意味
     を確定させて報告文形式で判定表明します。
    例1:この問題を→解く + のは : > たやすい(の): | です:形容詞文当て。
    例2:この問題を→解く + のは + 簡単(なの): | です:先行名容詞。
    例3:この問題を→解く + 鍵は + 最初の補助線: | です:先行普通名詞。
    例4:これで問題が↔解ける + の: | です:動詞文当て形式名詞。
    例5:これが問題を→解く + 鍵: | です:連体当て普通名詞。
    例6:明日大阪に→行く + 予定: | です:連体当て普通名詞。
    例7:僕は +うなぎ: | だ:注文選びの当てはめ法、先行普通名詞。
    例8:あっしも うなぎを→頼みます(+の): | ぢゃ:先行動詞文当て。
    例9:太郎と二郎と三郎が + うなぎ: | です:先行普通名詞。
    例10:+ 春雨: | ぢゃ、→濡れて→参ろう:カラ当て普通名詞。
     
    「措定律:当てはめ律」は「甲は乙と何らかの関係性がある」と表現
    する判定法です。「当てはめ」文脈では「関係性」が潜在するので、
    発話の状況が限定されるなら、「僕」と「うなぎ」の名詞項目だけで
    関係性の説明になりますから判断表現できます。
    これが「指定律:名付け律」の「甲は乙と等価、同等である」の表現
    とは大きく異なります。両者の文型は似ていますが、関係性の裏付け
    を成す言明が有るかないかが識別要素です。この違いを明確に文法則
    に載せるべきです。
     
     判定詞だけ独立させる使い方は「事象報告型構文の結句」という
    用法になるが、「補述構文」のほうが広い応用範囲を想定できる。
    多様な判定詞を統合し続ける文法則としても「補述構文」が論理的
    です。日本語では主語だけでなく、主題も補語もあってもなくても
    「意味の関係性」と「述語律」に支えられて会話が成り立つ傾向が
    あります。
    _

 

« 述語律を記号で表す-1 | トップページ | 述語律を記号で表す-3 »

日本語文法」カテゴリの記事

態文法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 述語律を記号で表す-1 | トップページ | 述語律を記号で表す-3 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ